サプリメント 健康の豆知識

亜鉛サプリメントの効果と選び方2

更新日:

サプリによる亜鉛の過剰摂取に注意!

[note]亜鉛の摂取には、さまざまな良い効果が期待されます。
しかし、だからといって何にでも程度があり、過剰摂取は厳禁となります。
一日の摂取量の目安としては、最大16mgといわれており、これを超えますと副作用を起こすおそれがあるのです。[/note]

 

もっとも亜鉛を多く含む食品は牡蠣とされており、これがおよそ5個で10mgですので、食事のみでの栄養補給の場合には、この数値をそこまで気にする必要はありません。

ただし、サプリによって摂取されている場合には、無意識のうちに上限を超えている可能性もありますので、サプリの選び方などへの注意が必要になります。

もしも、過剰摂取を継続的に続けてしまった場合には、鉄や銅が欠乏してしまうことがあります。
そうなりますと、コレステロールや糖代謝の異常、貧血、免疫低下、白血球の減少などの症状につながってしまいます。

また、一度にあまりに大量の摂取をすることで、めまいや吐き気、嘔吐、胃痛、吐き気などを引き起こす急性亜鉛中毒になる可能性もあります。

味覚に異変を感じたときには

亜鉛は、人間の体にとって不可欠であるミネラルでありますが、多くの人がその摂取量が足りない状態だといわれています。
そのため、サプリのなかでも特に、亜鉛の重要性が注目されています。

亜鉛が不足している状態でまずみられる症状に、味覚障害があります。
日本では味覚障害の患者が年間14万人おり、これは年々増加している傾向にあります。

味覚が鈍化してしまうことによって濃い味を求めるようになったり、甘さを苦く感じてしまったり、味そのものをまったく感じられなくなったりなどといった症状がみられる場合には、亜鉛が足りているかを確認しましょう。

また、味覚だけでなく、聴覚にも影響を及ぼすおそれがあるともいわれています。

味覚障害をはじめとして、発育障害や免疫不全といった症状があらわれることもあり、そうなりますと、体の機能が正常にはたらかなくなる可能性があります。

また、免疫力の低下や男性不妊、ニキビや肌荒れ、髪や爪の弱体化など、その影響は体中いたるところに大きく影響を与えます。

こうした事態を防ぐためにも、食事の際に味に対して何らかの異変を感じたときは、そのまま放置することは厳禁です。
亜鉛の摂取量を確認して不足を感じられる場合には、サプリを飲むようにしましょう。
また、サプリを摂取する際には過剰摂取にならないようにその量にも気をつけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-サプリメント, 健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.