スマートフォン

最近話題の格安SIMに乗り換えてみました。

投稿日:

今話題の格安SIMへ乗り換えた結果、SoftBankのスマートフォンのプランよりも大幅に利用料金を低減することが出来ました。
基本的に乗り換え前は、毎月約8,000円もの支払いをしていたものの、楽天モバイルのベーシックプランを契約した結果、月額1,250円となりました。


乗り換え理由については、基本的に音声通話を利用しないことや毎月のデータ通信量も1GBに満たず、高速データ通信は専らWi-Fi通信環境下で行っています。
その結果、家の外ではメールやLINE程度の軽い通信ができれば十分であり、200kbpsの通信速度でも問題なく使用できています。
また、テキスト主体のホームページ程度であれば、読み込み速度は遅いものの、利用できないレベルではないと感じております。
問題点としてdocomo通信網を利用している割には、電波強度が弱い傾向にあり、au系通信網やSoftBank系通信網よりも不安定さがあります。
ただし、山間部などでは電波通信状態は3G回線にはなるものの、他キャリアよりも使用可能が広いと感じています。

SoftBankから楽天モバイルのベーシックプランへ乗り換えした結果、月額8,000円から月額1,250円へ料金を圧縮することが出来ました。
しかし、docomo系通信網を利用する楽天モバイルでも電波圏外になることが多く、勤務先では3G回線となったり完全に圏外になるといったことがありました。
そこで、確実に通信回線を確保するため、au系通信網を利用したmineo(auプラン)の500MBを追加契約しました。月額料金は700円でSMS機能と非常に安く、IP電話の基本料も無料と大きなメリットがありました。また、使用可能な端末はau端末の中古品が使用できるため、初期投資も抑えることが可能です。
実際に使用した結果、docomo系回線の電波が弱い場所でもLTE通信が行われており、安定した使用が可能です。
また、mineoの場合、アプリによる速度制限やフリータンクからデータ通信量を借りたり、余ったデータ通信を共有したりできるため、データ通信が足りない際は非常に助かります。
結果的に、2回線を契約しても月額料金は2,000円以下で非常にお得だと考えています。

参考にしたサイトは:格安SIMランキング|タイプ別おすすめMVNOベスト3

です。とても詳しくてgooです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-スマートフォン
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.