健康の豆知識 投稿記事 病気・体験談

「かなり大きいので、これが破裂したら救急車の中で死にますよ」脳動脈瘤の手術体験談

投稿日:

それは、あるときふと、左目の視野の一部が欠けていることに気づいたのがきっかけです。

もともとドがつくほど近眼だった私は、眼の病気には敏感になっていたので、すぐに眼科にいき精密検査をうけました。

ところが、結果は異常なし。ほっと胸をなでおろしましたが、ではいったい、この視野の欠如はなんなのかと思い、別件で通院していた整形外科の医師に話してみました。

すると医師は、「大丈夫だとは思うけど、念のため脳外科でMRIをとってみたら?」といい、すぐに近くの脳神経クリニックへ紹介状を書いてくれました。

103759

すぐさま脳神経クリニックで検査をすると、医師から思いもよらぬことを告げられました。

「脳に水がたまってるみたいだから、大きな病院で調べたほうがいい」といい、急いで総合病院への紹介状を書いてくれました。

今思えば、私を動揺させないために、水がたまっているというようなことを言ったのだと思います。

そして、総合病院でさらに検査をしたところ、大きな病気が判明したのです。

それは、脳動脈瘤というものでした。
病名を告げられたときのことは、今でもはっきり覚えています。
医師からは、「かなり大きいので、これが破裂したら救急車の中で死にますよ」と言われました。
目の前が真っ白になるという光景は、実際にあるのだなと思いました。

と同時に、どこか冷静で、自分に起きていることとは、にわかに信じられない気持ちでした。
その後、専門の大学病院でセカンドオピニオンを受け、大学病院で無事に開頭手術を受けることができましたが、病気がわかってから手術を受けるまでの約2カ月は、人生についていろいろなことを考える時間となりました。

手術前には、「サイズも大きいし場所も悪いから半身麻痺の可能性もある」と言われましたが、幸い信頼できる医師に出会い、10年経った今も、後遺症などなく元気に暮らしています。

病気というのは、ある日突然やってくるものです。
体の不調を感じたら、過信をせずに、まずは病院へ足を運んだほうがいいと思います。
T.N 神奈川県 女性47歳 主婦

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 投稿記事, 病気・体験談

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.