健康の豆知識 投稿記事 病気・体験談

卵巣嚢腫:病気に気付かせてくれた私の天使

更新日:

婦人科検診を一度も受けないまま27歳を迎えたある日、
妊娠の疑いでウキウキしながら病院に行きました。
しかし医者から言われたのは「卵巣が約9cmに腫れ上がってるので今すぐ大きな病院へ行ってください。」というものでした。

33b33a152a4ee4987ee3d26c05169c76_s
そしてなぜ今まで一度も検診を受けてこなかったのかと叱られました。
その後「卵巣嚢腫」という良性の腫瘍の病気が発覚すると同時に妊娠が発覚。
ただでさえいつ破裂してもおかしくない卵巣、それが大きくなる子宮に圧迫され、とても危険な状態だと言われました。
しかしその後私は幸か不幸か流産によってこの危機を脱します。
命を失った悲しみで、これ以上泣けないというほどに泣きましたが、私はあることを思うようになりました。
「私の病気に気付かせるためにきてくれた赤ちゃんだったんだ。そして私の体のためにその赤ちゃんは天使になってくれたんだ。こんなに母思いの子はいない。」
そう思ったとき、早くこの子にもう一度会いたいと前向きになり、卵巣の手術をしたのちすぐに赤ちゃんに会うための体作りを始めました。
スポンサードリンク

幸いにもすぐにその幸せは訪れます。
今は家族3人で幸せな毎日を過ごしていますが、今後も定期的に検診は行こうと思います。
女性の病気は症状がないまま進行するケースが多いと聞きますが、まさにその通りだったと痛感したからです。
妊娠というきっかけがなかったら、私は突然の激痛に襲われ卵巣を失うことになっていたかもいれません。
今回は良性の腫瘍だったということもあり事なきを得ましたが、恐ろしい病気がひそかに進行しているケースもあります。
世の中の女性みなさんに、積極的に婦人科検診に行ってほしいと心から思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 投稿記事, 病気・体験談

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.