健康の豆知識

夏ばてについて色々調べてみました。

更新日:

毎年、暑くなるとよく夏ばてという言葉を耳にする機会が多くなりますよね。
今回はこの夏ばてについて色々と調べてみました。

~夏ばてって一体何?~

さて、暑くなると人間の体は自動的に暑さに対応して体温を調節します。
しかし、その調節機能がうまく働かず気温の変化に対応できくなり働かなくなることがあるのです。

05
調節機能がうまく働かなくなると、自律神系の機能が低下します。
次第に食欲がなくなり、体調がすぐれないなど不調の症状が体に現れるのです。
その不調のことを、一般的に夏ばてと呼びます。

夏ばての主な原因は、室内と野外との温度差の大きさが原因だと考えられています。
例えば冷房のきいた室内は温度が低く、外に出れば夏は凄く温度が高いですよね。
その温度差の大きい空間を行ったり来たりしているうちに、体温調節機能がコントロールできなくなるのです。
体温調節機能がうまく働かなくなると、自律神経系の機能に影響を及ぼし、内臓の働きを悪くさせることによって食欲がなくなってしまいます。
食欲がなくなると、栄養が充分に補給されなくなり疲労が溜まったり体調不良を起こすのです。
また、冷たい飲み物を飲みすぎてもダメです。
暑い時期はついつい飲みすぎてしまいがちですが、胃の働きを低下させ、胃もたれをしやすくさせてしまいますからね。

~夏ばてになったらどうすればいいの?~

まずは家にいる場合、室内と外気温の温度差を少なくすることを心がけましょう。
先ほど供述した通り、夏ばては室内と外の気温との温度差によって起きます。
なのでエアコンの設定温度を少しでも高めにしておくことにより、外との温度差も少なくすることが可能なのです。
また、冷えすぎによる体の冷えも防止できるので一石二鳥ですね。

そして睡眠をしっかり摂ることも重要です。
溜まった疲労を回復させることは、夏ばて防止にとっても大きな意味をもたらしますからね。
それから、水分も適切に取ることを意識づけましょう。
汗をかくことにより体から多くの水分が失われます。その失われた水分やミネラルを補給することは夏ばてに効果的です。
ただし、水分の過剰な摂取は胃の機能を低下させ逆効果になるので気をつけましょう。

イミダペプチドという物質を摂取することも、夏ばてには効果的なのだそうです。
あまり聞きなれない名前ですが、イミダペプチドとは動物の筋肉の中に多く含まれ、渡り鳥などに豊富な物質なのだそうです。
主に、鶏のムネ肉がイミダペプチドを多く含いいんでいるそうです。
なので、食事の中に鶏のムネ肉を効果的に取り入れていきたいですね。

さて、夏ばてについて色々と見ていきましが、重要なのは体に負荷をかけず規則正しい生活を送ることですね。
夏ばてのない楽しい夏を送りましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.