健康の豆知識 投稿記事 病気・体験談

脳梗塞!いつもと違うと感じたらすぐに病院へ!

更新日:

ちょうど私が実家に帰省していたときのことです。
朝起きたらいつものように座椅子に座っている父を母が険しい顔をして見つめていたので、どうしたのか尋ねました。

すると、父が朝犬の世話をしに庭に出ていたとき、何だかヨロヨロしていたと言うのです。
父に持病の腰痛がひどくなったのかと聞くと、腰が痛い訳じゃないとのこと。
疲れているだけだと言い張りました。

071531

そのやりとりの間にも父のろれつが怪しいのに気づき、私はもしやと思って父に立って歩いてもらいました。
するとやはりヨロヨロしているのです。
これはもしかして脳卒中の前触れなんじゃないかという疑いが頭をよぎりました。
父の妹も脳梗塞になったことがあったので、もしやと思ったのです。
母も同じことを考えていました。
スポンサードリンク

そこで、病院嫌いの父を半ば強引に車に乗せて、土曜日もやっている救急の病院に向かいました。
父は車の中でもしゃべっていましたし、大丈夫だと言い張っていましたが、病院について検査を受ける間にどんどん容態が変わり、検査が終わった時にはめまいでベッドから起き上がれず、うまくしゃべれなくなっていました。

検査の結果、脳梗塞がみられると医師に告げられました。そしてそのまま入院となり、治療を受けることになりました。

父は、幸い異変に気づいてから治療までの時間が短かったのと、頑張ってリハビリに励んだため、今では多少ふらつきはあるものの犬の散歩にまでいけるほど普通に生活できるようになりました。滑らかとはいかないまでも、言葉も問題なく話すことができています。

103759

もしあの時、疲れているだけだと思って病院に行くのが遅れていたらと思うと、背筋が寒くなります。
おかしいなと思ったらとりあえずすぐ病院で診てもらうということが、後で後悔するのを防げるのだと、今回のことで学びました。
もし何ともなかったらそれはそれで良かったと笑って帰れば良いのですから。


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 投稿記事, 病気・体験談
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.