健康の豆知識

ぎっくり腰の予防方法と症状は?

投稿日:

ぎっくり腰は、筋肉の断裂です。

重たい荷物を持った時、激しい運動をした時などに突然訪れるぎっくり腰、西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるぎっくり腰の症状は、こうしたわかりやすい急激な負荷だけでなく、イスから立ち上がる時や何気ない体勢を取っただけで起こってしまうことがあるから困ったものです。

ぎっくり腰の予防方法

ぎっくり腰を予防するには日頃から正しい姿勢を保つようにすることと、腰周りの筋肉を鍛えることが大切で、運動不足でもぎっくり腰を引き起こしてしまうことがあります。

もしもぎっくり腰が起こってしまったら、とにかく安静にして過ごすことが大切です。

ぎっくり腰の対処法

家でぎっくり腰になったら、背骨や腰にこれ以上負担をかけないように体を横にして、仰向けでも横向きでも良いので自分が一番楽だと感じる姿勢を保ちましょう。

痛みが強く感じる場合は冷湿布などで患部を冷やすことも有効ですが、あまり長時間にわたって冷やし続けると血行が悪くなってしまい、回復が遅れることもあるので注意しましょう。

早く治したいという気持ちも分かりますが、ぎっくり腰にはまずは安静が必要です。

痛みがあるうちはマッサージをしたり無理に出歩いたりせず、痛みが引くまでゆっくり安静を保つようにして、痛みが引いてから診察を受けるようにしましょう。

[note]ぎっくり腰になったらお風呂はいつ入れる?

ぎっくり腰は患部を冷やして治療というのが一般的です。

温めるのは、痛みがおさまってからです。
最低でも3日は、安静にしている必要があります。
ぎっくり腰になったその日の入浴は、やめておいた方がいいです。
その後は、様子を見て、痛みが強いようなら2~3日は入浴を控えたほうがいいです。
[/note]

ぎっくり腰の症状も人によって様々です。

ぎっくり腰の症状というとイメージとしては、突然腰に痛みが走り、そのまま動くことができないといったものがあるのではないでしょうか。

実際には、人によってぎっくり腰の症状にも違いがあります。
自分では動くこともできないような症状の人もいれば、痛みはあるものの動いたりすることはできるといった人もいますし、突然動くことができなくなるという人もいれば、徐々にひどくなっていくという人もいます。

ぎっくり腰のよくある症状

なんらかの動作を行っている瞬間に腰に激痛が走り、そのまま動くことができなくなってしまったり、腰の痛みによって上半身を曲げたり反らしたりすることができないといったようなものがあります。

寝返りを打つことができずに寝るときには、一定の姿勢でしか寝ることができないという場合や上半身を起こすことができない、時には、歩くことができないということもあります。

動くことなどはできるが、くしゃみや咳をすることで激痛が走ったり、姿勢によって楽なときとつらいときなどがある場合などもあります。

ぎっくり腰というと瞬間的に強い痛みがあるという症状の方が印象としては強いと思いますが、何らかのきっかけで腰に痛みが起き、その時には、それほど強い痛みではなかったものの時間がたつにつれて痛みが強くなり歩くことも困難となるという場合もあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.