健康の豆知識

自律神経失調症の原因と症状

投稿日:

自律神経失調症の症状

朝起きれない、
眠れない、
常に体がダルい、
食欲がない、
微熱がある、
偏頭痛がする、
疲れがとれない、
めまい、
イライラ等、
これは誰でも1度は経験した症状かと思いますが、
何日経っても改善が見られなければ自律神経失調症かも知れません。

自律神経失調症は全身に見られる症状から始まるのであまり気づかれません。

誰にでもかかる可能性がある病気なのですが、同じ境遇の中で過ごしてもかかりやすい人とかかりにくい人がいます。

性格は人それぞれですが、ストレスを上手に発散している人やリラックスできる環境にいる人、気持ちが上手く切り替えられる人等、毎日が充実している人程かかりにくいと言われています。

一方で責任感が強い人や真面目な人、心配性な人、大人しい人、切り替えるのに時間がかかる人はもろにストレスの影響を受けやすいので気をつける必要があるのです。

自律神経失調症はストレスが原因で起こる病気ですが、現代はストレス社会です。ストレスが常に蔓延しており、切っても切れない関係にあります。

自分では気にしてないと言いながらも実はなかなか寝付けなかったり…
ストレスの原因は様々ですが、心からリラックスする時間はあるでしょうか。趣味がないなら軽い運動(ウォーキング)もストレス発散になります。

忙しくても自分をストレスから開放する為の時間を作ってあげて下さい。自律神経を整えれば自律神経失調症から解放されるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.