健康の豆知識

「自律神経失調症」 症状チェックと類似した病気

投稿日:

自律神経失調症は誰でもかかると言われている病気です。

では、かかるとどのような症状があらわれるのでしょうか?

・常に疲れている
・体がダルい
・めまい
・眠れない
・微熱が続く
・感情の起伏が激しい
・イライラ
・集中出来ない
・偏頭痛
・肩こりがひどい
・手足のしびれ・冷え
・疲れ目
・口が渇く
・息苦しい
・耳鳴り
・不整脈
・血圧が安定しない
・動悸が激しい
・食欲不振
・下痢
・便秘
・頻尿
・残尿感
・生理不順
・月経痛
・不感症等
その症状は本当に様々です。

しかも、症状のあらわれ方はバラバラです。

同じ症状が続くのではなく、
頭痛や肩こりがひどい日や下痢になる日もあったり、
同時に何種類かの症状が重なったり、
そうなると体調が悪いと捉えてしまい、
自律神経失調症までは疑わないかも知れません。

また、自律神経失調症は
過敏性大腸症候群
更年期障害、
メニエール病、
気管支喘息等、
似ている病気も多く他の病気と診断される場合もあります。
診断されても一向に治る気配がない…
いくつもの病院を経て最終的に自律神経失調症とたどり着くケースもあります。

検査ではなかなか気づかれにくい自律神経失調症ですが、
まずは1番気になる症状の科を受診して同時に不安と自律神経失調症の
話もしてみてはどうでしょうか?その方法がスムーズかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.