健康の豆知識

あなたは「自律神経失調症」?気になる「自律神経失調症」の原因と治療方法

更新日:

自律神経失調症の症状が人それぞれ異なるように、
自律神経失調症が起こってしまう原因も人それぞれ違います。

一般さまざまなことがきっかけで体に負担をかけるようになります。

例えば元々ストレスに弱い体質で、
子どもの頃から下痢をしやすかったり、
緊張からの嘔吐をしやすかったり、
緊張で眠れないタイプなどが当てはまります。

体質だけでなく、
依存心が強い、
人からの評価を気にしすぎる、
気持ちの切り替えがうまくできないといった、
ストレスを感じやすくなる性格や、
抵抗力の弱い人も、
精神的な面から体にストレスを感じさせやすいタイプだと言えます。

環境の変化は転職や転勤、転校などで職場・学校が変わること、
引っ越しなどで社会環境・生活環境が変わることが主な原因で、
変化に適応できないことはもちろんですが、
変わった環境に合わせすぎてしまう過剰適応も
自律神経失調症に繋がることがあります。

自律神経失調症の治療方法

自律神経失調症の原因はひとりひとり異なるため、
原因によって対処法や治療法が異なります。

ほかの病気と同じように薬を飲んで治す方法や、
カウンセリングなどによる心理療法
マッサージやストレッチによる理学療法
ストレスを強く感じないようにする訓練をおこなうセルフコントロール
ライフスタイルを見直して自己管理する方法などがあげられますが、
すべての自律神経失調症がこの治療法に当てはまるとは言い切れません。

イライラすることが多くなった、
ストレスを感じている、
生活のリズムが乱れている、
といった自覚があり、
それを取り除く努力ができれば自分でも
自律神経失調症を改善していけるかもしれませんが、
はっきりした自覚症状などがなく、
なんとなく具合が悪いという状態が続く場合は、
やはり病院などの医療機関にかかった方が良いでしょう。


[note]どんな病院やクリニックにかかればよいかわからない場合は、
一番気になる症状にあう診療科を選んでみる方法があります。[/note]

頭痛が酷い場合は脳神経外科または神経科、
下痢や便秘が続くなら消化器科
めまいがするなら耳鼻科など、
まずは一番治したい症状にあった診療科を選びましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.