健康の豆知識

あなたは「多汗症」?気になる「多汗症」の種類と 症状

投稿日:

まず、はじめに汗かきと多汗症は全く違います。

汗かきの人は運動後や暑い時、
緊張した時など気温・行動・気持ち等で大量に汗をかく時がありますが、
多汗症の人は気温によって何にもしていないのに大量の汗をかきます。

多汗症は身体機能の失調、
つまり病気が原因で尋常でない程の汗をかくのですが、
洋服の汗じみが気になり目立つ色は避ける、
化粧直しの回数が増える、臭いが気になる…悩みは尽きません。

多汗症には様々な種類があります。

・全身性多汗症

全身性多汗症はその名の通り、全身から汗がでる多汗症を言いますが、急性リウマチ・バセドー病・婦人病・更年期障害等、ホルモンバランスの崩れからのものが殆どです。

・局所性多汗症

局所性多汗症は特定部分から汗がでる多汗症を言いますが、汗をかく部位によって更に症状が分けられます。

手のひらは手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)
足の裏は足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)
脇汗は腋窩多汗症(えきかたかんしょう)
頭皮は頭部多汗症
顔の顔面多汗症です。

多汗症といっても発汗する量やレベルは症状によって変わります。
例えば、手のひらが湿る程度ならまだ良いのですが、
汗が雫のように落ちる場合は電子機器の故障や紙が破れる等
日常生活へも大きく支障をきたす恐れがあり、精神的負担も加わります。

人間は緊張した時、
運動する時、
暑い時、
様々な場面で汗をかきます。

それが汗をかきやすい体質なのか、
多汗症なのか気づいてない人もいるでしょう。

ハンカチが手放せない、
握手が出来ない、
物を触ったら滑る、
明らかに触れた物が濡れていると分かる、
これらの場合は多汗症かも知れません。

多汗症の治療はボトックスや漢方薬、市販の薬等があり、
症状によって処方は異なりますが、
克服する為にはまずは医療機関で自分の症状を知る必要があります。
そこから自分に合った治療方法を探しましょう

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.