健康の豆知識

「多汗症」の治療は精神科・心療内科・皮膚科です。

投稿日:

多汗症といっても全身から汗がでる全身性多汗症
体の特定部分から汗がでる局所性多汗症、この2つに分かれます。

汗が出ないように水分を控えている人がいるみたいですが、
水分は体に必要なものであり、特に暑い季節だと危険が伴います。
1996年4月に健康保険が適用されたので悩んでいる人は1度診察を受けてみてはどうでしょうか?

「多汗症」の治療は精神科・心療内科・皮膚科です。

多汗症の悩みは深刻です。

もしかしたら自分だけ…そう1人で問題を抱えている人もいますが、実は多くの人が悩んでいるのです。
多汗症の治療法はいくつかありますが、まずは自分の症状を見極めるのが先決です。

多汗症は精神科・心療内科・皮膚科等で診察が受けられます。
もし、精神性発汗からの多汗症なら不安を取り去る事で症状が改善する場合もありますし、
精神安定剤や漢方薬といった薬でも症状が改善する場合もあります。

交感神経(活動する神経)が活発になると汗が多く出るようになるので手術でその交感神経をブロックして改善する方法もあります。

尋常でない程の手汗が出る、足の裏からの汗が凄い場合は手術が効果あるとされていますが、手足は改善されても他の部位から汗が多く出る可能性もあるので手術は医師との相談の上、じっくり検討してから決めるようにしましょう。

手軽に改善する方法として制汗剤があります。

特に銀イオンには強力な殺菌効果があるので通常の制汗剤を使用している方は銀イオンが配合されている制汗剤を試してみてみてはどうでしょうか。

また、生活習慣を見直す事で改善する方法もありますが、
多汗症の原因は本当に様々です。
自分がどの症状の多汗症なのか知れば、改善に繋がるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.