健康の豆知識

風邪予防のために知っておきたい豆知識

更新日:

風邪を引きがちな人のなかには、正しい予防方法を知らないばかりに損をしている人もいます。
風邪を効果的に予防して、風邪を引かないようにするにはどうしたらよいのか。
また、あまり理解されていない、それぞれの意味・メカニズムについて解説します。

031

●風邪を引きにくい体作りに必要なことと、そのメカニズムとは?

まずは、十分な睡眠とバランスの摂れた食事が大切です。

ストレスが溜まっていると免疫力は落ちるので、ストレスを溜め込まないようにすることも必要です。
さらに、運動も重要です。
実は、これらは密接に関係しています。
ウイルスや細菌を退治するのに、栄養が必要なのは言うまでもないでしょう実際にノドなどが痛んでしまった場合には、十分な睡眠を取ることで、その間に傷ついた箇所は修復されます。
主に寝ている間に体は修復されるので、睡眠が大事というわけです。
また、運動をすることで、基礎代謝が上がるというのもありますが、血行が良くなることも運動の効用です。
血行改善の重要性はあまり理解されていないのですが、十分な栄養を摂取したところで、必要な箇所に栄養が届かないのでは意味がありません。
その栄養を運んでいるのは、血液です。
血行が悪いと、栄養が行き届かず、修復が遅れます。すると、風邪を引きやすくなるというわけです。
風邪を引きにくい体にするためには、血の巡りを改善することが肝心です。
栄養は血液が届けているわけです。

●風邪を引きそうになったら、やった方が良いこと

ビタミンCには、人間の免疫力を高める作用があります。
風邪予防には非常に効果的で、風邪が流行りだしたら、ビタミンCをこまめに摂取することが非常に有効です。
ビタミンCは、ノド飴や飲み物から摂取するとよいでしょう。
さらに、寝ている間には、濡らしたマスクを着用するとよいです。
いまでは濡れマスクも市販されています。
濡れマスクがなぜ風邪予防によいかといえば、ウイルスは湿気に弱いからです。
乾燥したノドのなかは、ウイルスが繁殖しやすい環境です。
しかし、湿度の高い状態を保てば、その繁殖を抑えられるわけです。
また、ノドの粘膜は非常にデリケートで、乾燥に弱いというのも理由です。

まとめ

風邪予防というと、食事をきちんと摂る、しっかりと寝るといったことを実践している人は多いでしょう。
しかし、血行改善、ビタミンCと濡れマスクの効用は、いま一つ理解されていません。
どれも非常に効果は高いです。これらを適切に行なうことで、より効果的に風邪を予防することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.