健康の豆知識

インフルエンザって冬に流行るだけ?実は秋にも起こる原因について

更新日:

インフルエンザと言えば冬に流行りニュースなどでも注意を促しています。
風邪を引いた時のような症状が出て冬に起こる病気のイメージがありますが、実は秋にも流行る事があります。その理由はどこにあるのでしょうか。

girl01-028

秋なのにインフルエンザに?

 基本的にはインフルエンザは冬に流行するものです。
冬に流行する事は原因があります。
それは寒い事もあり換気が十分行われずにウイルス蔓延が引きおこる、また呼吸器官の抵抗力が落ちている、冬は低温低湿の環境にあるのでウイルスが元気になるなどです。

 これらの3つの理由が主になり冬はインフルエンザが流行します。
ではなぜ暑さも混じる秋にインフルエンザはなぜ流行るのでしょうか。
まずは、季節の変わり目である事が関係します。
 秋と言えば例えば10月頃です。この頃には衣替えの時期にになります。
10月に衣替えなど早いと感じる人もいますが、10月も中旬あたりから気温が20前前半まで下がるのです。
さらに10月も下旬に突入すると、気温の変化についていく事が出来ずに風邪を引いてしまう人も出てきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 この秋の気温の変化により風邪を引く人が出てくるだけではなくてインフルエンザも発症するようになります。
理由となるのは季節の変わり目は体温を一定に保つ事が難しくなる。自律神経も安定しないなどという事がでてくるからです。

 体温を一定にキープしようとするなら体がエネルギーを消耗して負担が大きくなります。
また体を一定の状態に保つためには自律神経も正常に働く事が大事です。
しかし、気温の変化も激しい秋は自律神経が体の状態を保つためにフル稼働しがちです。
 すると免疫力低下を招きます。するとウィルスに感染しやすくなるのです。

秋ならではのイベントが原因になる事も

 秋と言えば運動会にハロウィンなどみんなが集まるイベントがあります。
しかし、楽しい半面ではインフルエンザの脅威にさらされる行事でもあるのです。
理由はこのようなイベントではたくさんの人が一か所に集まります。

 するともしも一人の人間が感染しているだけでもたくさんの人に伝染します。
それにイベント時には寒くても薄着で過ごす人も多いです。
ハロウィンや運動会は寒くても薄着になる人がいますから、そのような人は免疫力が下がります。
するとウィルスに感染しやすくなります。

まとめ

 秋なのにインフルエンザとは意外に思うかもしれません。普通であれば冬に流行るものです。
しかし、意外にも秋にも流行る傾向にあるのです。
その理由をしっかり理解してインフルエンザに負けないように対策をしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.