健康の豆知識

暑い夏を乗り切る、夏バテ対策とはどのようなものでしょうか

投稿日:

とかく暑い夏、疲れ切って秋を迎えるなどということのにないように、しっかり対策をして夏を乗り切りましょう。

men017

第1章:睡眠はしっかり取りましょう

暑いとついつい夜更かしをしがちです。
しかし、夏ほどしっかり睡眠を取らなければいけません。

暑いと、人間の体は体温を下げるために汗を沢山だします。
そのエネルギーの為にとても疲れ易くなります。
しかし、夜も暑い為になかなか寝付くことができません。
翌日は仕事や学校がありますから、早く起きなくてはいけません。そうすると、睡眠不足が重なっていきます。

そうならないためには、寝るときの温度に注意をしましょう。
一番良い方法は、クーラーに頼ることです。
直接に風が当たると体調を崩しやすくなりますから、部屋全体の温度を少しだけ下げるようにします。
そして、必ずタイマーを掛けて、一晩中掛けたままにしないことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

第2章:冷たい物の取り過ぎと体の冷やしすぎに注意しましょう

外での仕事の場合は問題がありませんが、オフィスでの仕事の場合は冷房が強すぎる場合が多いものです。
特に女性は、冷え性の人が多いですから、体の冷やし過ぎには十分注意しましょう。
膝掛けを用意するとか、厚めのストッキングを穿くとかして自分で気をつけるしかありません。

帰宅後も、暑いからと部屋の温度を下げすぎないようにします。
また、暑い時にはついつい冷たい物を飲む機会が増えてしまいます。
飲んだ時は、一瞬体がひんやりとして、気持ちが良いのですが、それはほんのひとときのことです。
むしろ、これを繰り返すことにより、内臓を冷やすこととなり体の不調を招きます。
室内では、冷たい飲み物ではなく、温かい物にすることが大切です。
但し、外での作業や運動時には、熱中症のことも気になりますから、この限りではありません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

第3章:食事も夏バテ予防には重要です

夏は食欲も落ちやすく、ついつい素麺やなどの冷たく軽いものを取りがちになります。
しかし、夏こそしっかりと食事を取らなければいけません。
暑くてとても食べられないと言う人は、香辛料などの力を借りて食事を考えるようにしましょう。

夏でも、カレーなどの辛い物はなんとなく食べられます。
それを応用すれば良いのです。

また、肉類も多めに摂るようにします。疲労の回復にはやはり肉を食べるのが一番です。
冷しゃぶにして、ごまだれを掛けたりと工夫をすることによって、暑さから来る食欲不振は解消できます。

そして、もう一つ大切なことは、少し体を動かすことです。
例えば、駅ではエレベータを使わず階段を上るようにしましょう。
それだけでも、からだが活性化しますので、食事も美味しく頂けますし、すぐ寝られるようになります。
もちろん、時間があればGYMやプールで汗を流すのも良いでしょう。

まとめ

しっかり食べて、十分な睡眠を取り、体を冷やさないように注意して、夏バテを知らない体を作りましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.