健康の豆知識

今年の夏にむけておすすめの脱水症状対策(豆知識)

更新日:

脱水症状は外が暑いときだけ脱水になるわけではありません。例えば、病気により下痢や嘔吐をしたときも外に出る水分の量は多くなりますので、このような症状が出ている人も注意が必要です。

girl01-048

【脱水症状ってどんな状況のこと?】

脱水症状とは主に夏場やお風呂など、部屋や外の温度が高いときに起こります。脱水症状は、体温調節をするために人間は汗をかきますが、常に汗が出た状態でその出た汗分の水分を体に補給しなければいけませんが、なんらかの理由で水分を摂取できなかった場合や飲んでいても水分量が足りないときなどに体の中の水分が足りなくなり脱水症状という状況に陥ります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

【脱水症状ってどんな症状がでるの?】

脱水の症状としては、体中の水分の量がどれだけ減っているかで症状が軽症から重症まであります。症状としては、頭痛・ふらつき・倦怠感・吐き気・嘔吐が出現して、最悪の場合は意識障害やけいれんを起こすこともあります。

【脱水症状にならないためにはどうすればいいの?】

基本は水分を取るということが大切になってきます。口の中が乾いたら体中の水分の量が減っている証拠ですが、口の中が乾いてから水分を取るのは遅いので、口の中が乾いたなと感じる前からこまめに水分を摂取することをおすすめします。

また飲むものでも変わってきます。
夏場といったらスポーツドリンクを思い浮かべる人も多いと思います。
確かにスポーツドリンクにはたくさんの栄養分やミネラルが含まれていますので汗をかいているときにはいいですが、スポーツドリンクはどちらかというと甘いですよね。スポーツドリンクには砂糖が含まれているので大量摂取はおすすめできません。
そんな時に飲むといいものは、経口補水液のようなものや砂糖などの添加物が入っていない水、そして麦茶などがおすすめです。

日本薬剤 ( 廣貫堂 ) 経口補水液 500ml ペットボトル 24本(1ケース)【送料無料 (沖縄・離島除く)】


ですが、これらをキンキンになるまで冷やして飲むことはおすすめしません。
なぜなら、冷たいものを一気に飲むことで、内臓が冷え切ってしまい、下痢を引き起こす場合があるからです。
下痢はさらに脱水症状を悪化させてしまうので、冷たい飲み物は控えましょう。

そして、こまめな休息が大切です。暑いというだけで体力を消耗します。休息をすることで体にかかる負担も軽減しますので、夏の暑いときは適宜休みをとりましょう。

【まとめ】

以上、脱水症状と対策についてまとめました。これからの季節は脱水症状や熱中症の患者が増える季節でもあります。誰でもなる可能性はあるので、今からでも脱水にならないように対策をしていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.