健康の豆知識

外で作業する人だけではない 屋内でも熱中症は起こる

更新日:

夏も本格化していく中で気にしないといけないのは熱中症です。

girl01-048


熱中症と言えば外にいる人がなるイメージが強いかもしれませんが、実は屋内にいてもかかる事があるのです。
ここでは屋内で起こる熱中症について知りましょう。

・屋内で発生する熱中症

 熱中症とはそもそも何でしょうか。この症状は体内の水分やナトリウムなど電化質のバランスが悪くなり、体内の調整機能が破綻して起こる障害の事を言います。体の中と外の温度差が生じる事で体に不調が起こると言われています。
 では熱中症はどのような時に起こりやすいのでしょうか。それは気温や湿度が高い時、日ざしが強いのに風が弱い日などの環境的な事が熱中症を起こす要因になります。また次のような症状が現れてきたら注意しないといけません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 通常以上に体温が高くなっている、汗を全然かく事が無くて皮膚が乾燥している、ズキズキする頭痛がある、めまいや吐き気がある、意識障害が起きるなどです。他にも熱中症になりやすい人は脱水気味の人、お年寄り、衣類を必要以上に着ている人、暑さに弱い人、病気の人などです。
 外で運動をする人は当然熱中症のリスクが高いですが、それだけでなくて室内で作業する人でも、熱中症にかかる事があります。例えばオフィスでもパソコンやサーバーがある場所、あるいは窓ガラスに近いような場所なら熱くなりやすいです。
 このような場所で仕事をしている人は特に熱中症になりやすいと言えます。

・対策を考える

 もしも熱中症にかかった時にはどう対処すればいいでしょうか。それは水分補給、涼しい場所への移動、体を冷やす、場合により医療機関へ行くなどがあります。
水分補給には経口補水液などが有効です。

日本薬剤 ( 廣貫堂 ) 経口補水液 500ml ペットボトル 24本(1ケース)【送料無料 (沖縄・離島除く)】


 これで塩分を摂取する事が大事になります。それから休息している時には衣類を緩めて水平もしくは上半身をやや高くして寝る、もしも顔面が青白くて脈に力が無くなっている時には、足を高くした体位にする事です。
 水分補給に関して補足すると効果的に水分補給をするためには水分と一緒にナトリウムなどの電解質と適度な糖分を摂るようにするといいでしょう。水だけを飲んでしまうと、体内の体液濃度が薄まり、喉の渇きは改善しても濃度を元に戻すため尿や水っぽい汗などで水分を外に出そうとします。これでは脱水が起こります。

・まとめ

 これからの時期は熱中症に備えましょう。外で作業する人はもちろんの事、屋内にいても条件次第では熱中症になります。十分に注意するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.