健康の豆知識 夏休み

紫外線対策をするなら家にいても気を抜かないように!

更新日:

紫外線対策というと、夏場天気の良い日に日焼け止めクリームなどを塗ったり日よけになる上着などを着て紫外線対策をすることが頭に浮かびますが、徹底的に焼けないようにするなら、家の中にいても油断はできないものです。

006
窓から入る日光、洗濯物をベランダに干す時なども肌は焼けるものなので、
一日家に出ないような時も日焼け止めを塗る、上着を羽織るといったことは必要です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

1章 紫外線を避ける方法を知る

紫外線対策をするのに必要なのは、紫外線対策になるグッズを知ることでもあります。
どんなに気を付けても全く外出しないわけにはいきませんし、ベランダに少し出るだけでも焼けてしまうのであれば、完全に防ぐことなどできないものです。
ですが、効果の高い日焼け止めを塗ったり、アームカバーを使うことによって日焼けが酷くなるのを防ぐこともできるものです。
また、日傘なども紫外線対策に効果があります。
紫外線対策というと顔や体の紫外線対策しか頭に浮かばないことも多いですが、頭皮も顔や体の肌同様に焼けてしまうものです。
ですから頭皮が焼けないようにするためにも日傘や帽子を使うと良いです。
頭皮が紫外線で日焼けするとかゆみが出てきたりフケの原因にもなるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

2章 紫外線でシミにならないようにするには

紫外線がシミの原因になることは知られていますが、紫外線を浴びたからといってすぐに肌にシミが出来てしまうわけではなりません。
シミは長く肌の内側に潜伏して、何年かたって表面化してくることがほとんどなので、紫外線をたくさん浴びてしまった時は応急処置として肌を冷やすようにしましょう。
そして夜寝る時は美白効果のあるパックを使用するというのも良いです。
いったん浴びた紫外線というのはなしにすることはできませんが、冷やすことで紫外線による被害を軽減させることというのができるものです。
何もしないのではなく、自分でできる方法でケアしてみましょう。

まとめ

紫外線対策として良く使用されるのが日焼け止めですが、海水浴など特に紫外線が強いところに行くよりほかはあまり強い日焼け止めを使わないようにするということも大事です。
SPFが強い日焼け止めは肌を傷めてしまうこともありますし、普通のメイク落としでは落とせないこともあるので、強い洗浄効果のあるメイク落としを使うことで肌が乾燥してしまうこともあります。
ですから、自分の出かける場に応じて使うものを選ぶということも必要です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 夏休み
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.