健康の豆知識 夏休み

大人も子どもも要注意!「プール熱」ってどんな病気?(プール熱の豆知識)

更新日:

プール熱は夏場に流行する夏風邪の一種です。医学的には「咽頭結膜熱」という病気ですが、プールの水を介して流行することが多いので、この名前で呼ばれています。

girl01-035
主に子どもがかかりやすいと言われていますが、大人にもうつってしまうことがあるんです。夏を迎える前に、プール熱について詳しく知って、予防しましょう!

プール熱ってどんな病気なの?

プール熱は「アデノウイルス」による感染症で、医学的には「咽頭結膜熱」という病気として知られています。
いわゆる夏風邪の一種です。
プール熱の原因となるアデノウイルスは一年中活動していますが、流行のピークは6月〜8月。

プールの水を介して流行が拡大することが多いため、この名前で知られています。

一般に子どもがかかりやすい病気で、6割以上の患者が5歳以下の子どもであると言われていますが、実はアデノウイルスの感染力は高く、大人にうつってしまうこともあります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

プール熱の主な症状は、結膜炎、喉の痛み、発熱の3つです。

急に発熱して発症し、喉の痛みが現れます。

結膜炎では目が充血したり、痛みが出たり、目やにや涙が止まらなくなったりします。

この他に腹痛や下痢、咳が見られることもあります。

基本的には症状は3〜5日でおさまりますが、高齢者などでは重篤化して肺炎を引き起こすこともあり、要注意です。

感染経路は飛沫感染と接触感染の2種類です。

飛沫感染は咳やくしゃみなどによって、接触感染は感染者が使ったタオルなどを共用したり、塩素消毒が十分でないプールの水が結膜に触れたりすることで起こります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

プール熱にかかってしまったら?予防するにはどうしたらいいの?

プール熱にかかってしまったら、内科、小児科を受診しましょう。
目の症状がひどい場合には、眼科にも相談します。
喉の痛みには鎮痛薬、目やにや充血には抗生物質やステロイドの点眼薬を用います。

目のかゆみには抗ヒスタミン薬が処方されることもあります。
プール熱の予防のためには体の中にアデノウイルスを入れないことが重要です。

プールの利用前後には必ずシャワーを浴び、体を清潔に保ちます。

また、このとき使用するタオルは共有せず、必ず個人のものを使用しましょう。

自宅でも、プール熱にかかった子どもが使用したタオルは共用してはいけません。

普段から手洗い・うがいを心がけることも大切です。

アデノウイルスは感染した人の便からも検出されます。
子どものオムツ替えを行った際は必ず手を洗いましょう。
アデノウイルスには消毒用エタノールが有効ですので、手指の消毒をするとより良いでしょう。

まとめ

夏風邪の一種、「プール熱」について解説しました。せっかく迎える楽しい夏を元気に過ごすために、
日頃からしっかり予防していきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 夏休み
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.