健康の豆知識

秋バテに付いて症状や原因(豆知識)

投稿日:

ID:g3h5tl
皆さん夏バテと言う言葉を良く耳にすると思いますが、実は暑い夏を乗り切り涼しくる秋になって起こるのが「秋バテ」と言われる症状です。

men039

スポンサーリンク

スポンサードリンク


この秋バテに付いて症状や原因を考え、きちんとした対策を取っておく事が冬に向けた体力作りと免疫力強化にとっては重要な物となってきます。

1、秋バテとはどの様な症状になるのか

余り聞き慣れない「秋バテ」ですが、暑い夏を乗り切った後にどの様な症状が出るのか確認しておきましょう。
主な症状には次の様な物が上げられます。
全身の倦怠感やだるさ、胃もたれ等による食欲不振、立ちくらみやめまい頭痛、不眠などによる睡眠不足、風邪を引き易くなった等が挙げられております。
又、夏の強い日差しの影響と考えられている抜け毛等もこの秋バテの症状の特徴となっております。

2、秋バテの原因と対策について

この秋バテの原因はいくつか考えられております。
代表的な物としては夏から秋にかけて季節の変わり目の気温の変化の大きさです。

この気温の変化の大きさが人間の体温調節機能をつかさどる自立神経の働きに影響を与えてしまい、身体に様々な症状を引き起こしてしまうとされております。
更に暑い夏を乗り切った身体は、涼しい季節を迎えた事によって水分を欲し無くなっております。

この水分不足により秋バテを起こしてしまいます。更にクーラーや冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎによって体内の血液の循環が悪くなり秋バテを起こしてしまいます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

秋バテ対策

これらの対策として効果的な事は、水分補給は夏場と同様に小まめに行う事や、クーラーや冷たい物による身体の冷えを抑えて行く事が大切ですが、特にお薦めなのがお風呂で湯船にゆっくりとつかる事です。
ぬるめのお風呂にゆっくりとつかる事で、身体が暖まると同時に、副交感神経が刺激を受け、リラックス効果が期待できます。

又、夏バテの時にも言えますが身体をゆっくりと休めましょう。

外の日差しが強い日や気温が高めの日は、出来るだけ外出等は避け屋内でゆっくり過ごす事が必要です。
更に食事にも気をつけましょう。特にビタミンB群を多く含んだ豚肉や大豆等を取り入れた食事を積極的に摂る様にしましょう。

3、まとめ

とにかく秋バテは、暑い夏を乗り切った後に発症しまので見過ごされがちになります。
しかし、冬場に向けた身体の免疫力強化等にはこの秋の体調管理はとても重要な季節です。まだまだ暑い日が続く秋を乗り越え、冬に備える様に心がけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.