健康の豆知識

これも鬱ですか?季節性うつ病。

更新日:

秋の気配をそこここに感じる季節になりました。
暑さがゆるんでホッとするのも束の間、なんだかもの寂しいなあと、ポツンとしてしまう方も少なくないのでは?
かく言う私もそのひとりです。

018

1.秋に備えあれば憂いなし

歌人、杉崎恒夫さんの短歌に
「マツムシソウが咲くから泪もろくなる秋の免疫をいそいでつくれ」
という歌があります。

秋の訪れは、意外にも突然で、心がついていかず、気分が沈んでしまうのは誰しもあることではないかと思うのですが、そんな気持ちを何かで昇華させないと、本当の鬱病に突入しかねない、そんな危うさを、秋の陽光は秘めているのでしょうか。

杉崎さんも、ふと見かけた松虫草に、秋が近づいていることを悟り、もの悲しいような気分になってこの歌を詠まれたのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

おこがましいですが、私にもそんなところがあります。あ、私、詩人だな...無理にでも前向きに、そんな風に捉えてみると、秋の寂しさもまんざらでもありません。

生きる歓びのひとつになり得ます。「芸術の秋」といわれる由縁でしょうか。感受性のよい季節になりました。

騒がしい、賑やかな、猛暑の夏が終わって、人々が内側へと内省していく厳かな季節の始まりです。
ちょっとその前に、秋にうつっぽくならずに済むよう、杉崎さんのように「秋の免疫」をいそいでつくる。
私も考え方の工夫を試みています。

2.秋冬は楽しいこと目白押し。

秋は寂しいどころか、“楽しい”や“美味しい”や“自然が美しい”が満載です。

夏場は汗だくでふうふう言いながら、気になる日焼けや熱中症で屋外は危険でもありました。

秋になってサンバイザーやサングラスを外して辺りを見回せば、樹々は紅葉の準備を始め、梨やぶどう、キノコが店先に並び、温かい食べ物が懐かしく思い出されます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

お鍋を囲むのも、秋冬の楽しみです。

毎日でも飽きない食材はどれとどれでしょう。
そんなことをあれこれ考えたり、高くなった空の雲、青苗の実る光景も楽しみです。
今年も美味しいお米が全国で実っているはずです。
お相伴にあずかりましょう。一つ一つはささやかですが、心が温かくなって...。
それこそが秋の免疫力です。
ニットの衣類も今年の流行りなどが気になります。
模様編みの靴下なども探してみると楽しいかもしれません。
意外にも、足元から秋をかためてゆくのも効果的。
しっかり秋の免疫力がついていれば、これからの季節も、溌剌と歩んでいくことができるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.