健康の豆知識

「冬季に発症しやすいノロウイルスという食中毒の予防法について」

更新日:

食中毒と言えば夏に発症するイメージがありますが、
ノロウイルスといって冬の期間中に発症するものもあります。

014
ノロウイルスの主な症状は激しい下痢と腹痛です。
このように苦しくてやっかいな冬季にはやるノロウイルスを予防する4つの秘訣について述べていきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

1.手洗いとうがいを徹底的に行う

まず何よりも帰宅すると手洗いとうがいをきちんと丁寧と行うようにします。
疲れていて1回ぐらい行わなくても支障はない、という安易な気持ちは捨て去るべきです。
「たかが一回、されど一回」です。
とにかく家に帰ると何が何でも手洗いとうがいの励行を心がけることです。
帰宅した時だけでなく、暇を見つけてはできるだけ数多く手洗いとうがいを意識することです。

家の中ではもちろん、外出先にも消毒用アルコールがあれば積極的に利用することです。
それに手洗いとうがいは冬だけでなく、年中意識することが大切です。
何らかの病気を引き起こす菌は季節を問わず、至る所に存在しています。

2.掃除と消毒を徹底的に行う

ノロウイルスは台所やトイレに菌が多く付着する傾向があります。
そこで台所とトイレの掃除は消毒は徹底的に行うことです。
まな板、包丁、ふきんなどはアルコールや熱湯で消毒します。
また便器も尿や便を介して菌が付着しやすいので、こまめに掃除をすることです。
また、台所やトイレ、風呂場、洗面所においては0.1%で希釈した塩素系漂白剤で消毒することもおすすめです。

3.食べ物は加熱する

カキ、ホタテなどを生で食べるとノロウイルスに感染するリスクが高まります。
特にカキにおいて生食可能であっても必ず加熱することをおすすめします。
1分半か2分ほどの加熱で感染を防ぐことができるのです。
加熱するのが面倒くさいという考えは捨て去ることです。
感染してしまうと治療費もかかり、苦しくてとてもやっかいなことになります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

4.疲れをためない

特に仕事などで疲れがたまると抵抗力や免疫力が落ちて、感染しやすくなります。
できるだけ疲れをためないようにして、仕事が忙しければ無駄な用事は控えて疲労回復を優先することです。
疲労をためない更なる方法は、時間的にも余裕を持って行動することが大切です。
あせりが生じるとそれだけ体力を使い果たして、抵抗力が落ちます。
さらに気を付けるべきことは、夜更かしを避けて睡眠時間をしっかりと確保するようにし、欠食をしないで栄養をきちんと取るようにします。

5.まとめ

以上冬におこりやすいノロウイルスの4つの予防方法について詳しく述べてきました。
食中毒は夏だけでなく、冬でも発症します。特に寒い冬場は抵抗力が落ちやすいです。
特に風邪にかかればすぐに治して、より健康管理を意識することが大切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.