健康の豆知識

何となく体がだるい!そんな秋バテの対処法原因と対処法

更新日:

暑さが和らいできて秋になって過ごしやすくなってきても、何となく体がだるいとか夏バテが回復しないとお悩み方もいらっしゃいます。
そんな体の不調は秋バテで、夏の疲れが残っているせいです。

008

1.秋バテの原因とは

秋の入ってすぐだと気温も安定せず暑い日があったり涼しい日があったりして、夏バテで疲れた体は気温の変化についていけません。
夏の疲れで体力が回復しきっていませんから、どうしても体がだるくなったり食欲が出なかったりします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

夏の間はエアコンの効いた室内で体が冷えている上、冷たい食べ物や飲み物を多く口にしていて内蔵の冷えが起こっています。
体の内側からの冷えと表面の冷えのダブルパンチで体温の調節機能も衰えていて、秋の急激な気温の変化に体が付いていっていない状態です。

また、夏場はさっぱりした食事が多いですから、栄養も不足してしまっています。
これらが体の回復を遅らせていて、どっと夏の疲れが秋にやって来て、秋バテを起こしてしまいます。

2.秋バテからの回復方法

まずは夏の疲れをしっかり回復させるのが重要です。
気温差に体がついていけるように、少しずつエアコンの利用を控えて体の冷えが起こらないようにしましょう。
また、食べ物や飲み物も冷たいものは避けるようにして、なるべく温かいものを取るのがおすすめです。
栄養がしっかりと取れて胃腸に負担をかけないもので、じっくりと栄養補給をしてあげて疲労回復効果を高めてあげましょう。

体を冷やさないためにも、秋の洋服選びは重要です。
暑い時にはさっと脱げて、寒くなったらさっと羽織れる薄手のアウターを上手に活用しましょう。
特に女性は冷え性の方が多いですから、体を冷やさないように衣類でしっかり調節しましょう。

内臓と体表面からの冷えを改善するのに効果的なのがお風呂です。
夏場は暑くてシャワーですませていても、秋には湯船にじっくり浸かるようにしましょう。
シャワーだけでは体の表面しか温まらず内臓の冷えは改善されないままになりますから、ぬるめのお湯に浸かってじんわり汗をかくのが大切です。
全身浴だと熱すぎるなら半身浴でも効果がありますから、水分補給をしながらのんびりぬるめのお湯で半身浴をすると全身が温まります。

まとめ

涼しくなってきた秋を有意義に過ごすためにも、まずは夏の疲れを早く回復させるのたポイントです。
過ごし方や食べ物などに気をつけて夏の冷えから体を回復さえてあげて、寒い冬に備えて体力増強に努めましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.