健康の豆知識

「夏の疲れが出る秋バテの予防には夏の暑い時期の過ごし方が肝心」

更新日:

秋バテという言葉は馴染みが薄いかもしれませんが、実は夏の過ごし方によっては秋の季節になると、まるで夏バテのような大きな疲労感をひきおこすことがあります。

025

せっかくの実りの秋を快適に過ごすためには、夏の暑い時期の過ごし方が大切です。そこで秋バテを防ぐための夏の時期の過ごし方の
4つの秘訣について述べていきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

1.夏の時期にエアコンに頼りすぎない

夏の暑い時期になるとどうしてもエアコンに頼りがちになりますが、温度差が大きすぎると体温調節が上手くいかなくなり、自律神経のバランスが乱れます。
自律神経は体の機能の調節に大きく関与しているので、寒暖の差が大きくなると、体に負担がかかって知らず知らずの間に自律神経に狂いが生じます。
そこで家にいる時は、少々暑くてもできるだけエアコンに頼らないようにすることです。エアコンに頼りすぎると、暑さに対する耐性が少なくなり、
ますますエアコンに頼るという悪循環が生じます。エアコンによってその時は快適に感じても、後々大きな代償を払うことになります。

2.湯船に入る

暑い時期はどうしてもシャワーですませがちになるが、暑い時期こそ湯船にしっかりとつかることです。38度から40度ぐらいのお湯につかると副交感神経の
働きが優位になり、リラックスできて疲れもとれます。そしてぐっすりと質の良い睡眠が確保できます。また、湯船に入ることによって代謝もよくなり、
免疫力も上がって体調もよくなります。

3.冷たい物で体を冷やさないようにする

暑い時期になるとアイスクリーム、かき氷、冷たい飲み物などを口にしやすくなります。しかしそのようなものは体を冷やして血液の循環も悪くなり、
胃腸だけでなく、体の機能も低下します。まして体が冷えることで筋肉も硬くなり、動きづらくなって怪我のリスクも高くなります。
そして動かないのでますます体の機能が衰えるという悪循環にはまっていきます。このような悪循環に陥らないためにも、冷たいものを摂取しすぎないように
することです。体を冷やすことを防ぐには、朝起きた時に白湯を飲むこともひとつの方法です。

4.運動を心がける

運動を行うことによって血液の循環がよくなり、体を活性化させるホルモンが分泌されて疲労回復にもつながります。激しい運動の必要性はなく、
30分ぐらいのウオーキング程度で十分です。まとまった運動時間が確保できなければラジオ体操がおすすめです。ラジオ体操は全身運動に最適で、
一番ポピュラーで行いやすい運動です。

5.まとめ

以上、夏の疲れが一気にやってくる秋バテを予防する4つの秘訣について述べてきました。暑い夏の過ごし方によって実りの秋を快適に迎えることができるか、
あるいは夏の疲れをひきずったままになるかといった大きな違いが生じます。実りの秋を快適に迎えるためにも、暑い夏こそ規則正しい生活を意識することです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.