健康の豆知識

夏バテよりも厄介な「秋バテ」バテる原因とケア方法(秋バテのケア豆知識)

更新日:

夏バテの他に、秋バテはご存知でしょうか。
あまり浸透していない言葉なので、知らない方が多いかもしれません。

そのため、実は秋バテの状態なのに認識ができていない場合があります。
girl01-030
夏バテを放置すると危険なのと同じように、秋バテにもケアが必要です。
秋バテがどのようなものか、そしてそのケア方法をお教えします。

夏バテと秋バテとは?その原因について

季節の変わり目は体がダルかったり、調子が出ない時がありますよね。
季節が変わることに伴う気温の変化が、体力を奪い、自律神経に問題を引き起こします。
その結果が、夏バテと呼ばれる諸々の症状です。

さらに、暑さが増してくると、たくさん汗をかきます。
そこで水をたくさん飲むことで、胃酸が薄まり食欲が減退します。

また、お腹を水分で冷やしてしまい下痢を引き起こします。
食事を取らないことで、栄養が摂取できず体力も無くなります。

秋バテも基本的には夏バテと同じです。
ただ夏バテと違うのは、体が一夏を越えていることです。

栄養紫外線をたくさん浴び、夏の暑さを凌いでいますので、体力が落ちています。
そこに夏場の疲れと栄養不足が重なり、夏バテよりも症状が重くなっていまいます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

秋バテのケア方法について

もう秋なのに夏のダルさが続くという時には、秋バテの恐れがあります。

無理はせず、早めにケアしていきましょう。
秋の次には寒さの厳しい冬が待っていますので、ここで体力を十分に回復させる必要があります。

まず第一に、栄養を補うことが大切です。
幸い秋は、食欲の秋というように体が栄養を蓄える準備を始めます。
それに旬の食材は食欲をそそる美味しいものばかりです。

体を壊してしまっては元も子もありませんので、
体重など気にせずたくさん食べて栄養をつけるべきです。

次に体をよく休めることが何よりです。
ストレスも良くありません。
お風呂にゆっくり浸かながらマッサージをして体を温め、心をリラックスさせます。
そして体を冷やさないようにして、しっかりと睡眠を取ります。

これをしばらく繰り返しても症状が軽くならない時は、病院に行きましょう。
体力が落ちている際に、何かしらの病気にかかった可能性も考えられます。

まとめ

夏を過ぎたから大丈夫というのは危険です。
その夏の負担を引きずっている体は弱っています。

そこから思わぬ病気に繋がることもありますので、ただバテているだけと甘くみるのは厳禁です。
自分の体の不調に耳を傾け、まずは治すことに専念しましょう。

早く治せば、その分秋を満喫できます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.