健康の豆知識

敏感肌(乾燥性敏感肌)対策3

更新日:

敏感肌対策「紫外線は天敵」

敏感肌の方には肌に刺激を与える紫外線は天敵です。

紫外線を防ぐアイテムには一般的に

紫外線防止剤

日焼け止め」と「サンスクリーン」が、ありますが

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」のどちらかが含まれています。

「紫外線吸収剤」は肌に優しいといわれています。

しかし、敏感肌の場合は、低刺激で安心と言われる

「紫外線散乱剤」で紫外線対策をします。

気をつけたいのは日焼け止めでケアする場合は、白浮きしやすいという欠点がある事です。

でも最近では紫外線散乱剤の形状などに工夫がされ、白浮きしにくいものもあります。

また、無香料、無着色、アルコールフリーといった、低刺激の紫外線防止剤を選びましょう。

保湿成分が配合されているた商品もお勧めです。

敏感肌対策として紫外線カットするには、透過させにくい黒い衣類を着ることや、日傘や帽子を利用するといいでしょう。

敏感肌対策「顔の保湿」

敏感肌の顔には、水分をしっかり保持出来るよう、 セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン入りの化粧水や美容液で、うるおい対策をします。 ワセリンやスクワランなどの油分の入った乳液やクリームも、肌を乾燥から守ってくれます。 ワセリンはべたつき感があります。

敏感肌対策「体の保湿」

ケラチナミン(尿素)配合の保湿クリームやヒルロイドは角質をやわらかくする働きのあるがおすすめです。 ケラチナミン(尿素)配合の保湿クリームを使うとピリピリとした刺激性があります。

敏感肌対策「化粧水」

敏感肌対策として、化粧の下地にヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分が配合されている化粧水を使うことをおすすめします。

特におススメしたいのは「ライスパワーNo.11」という成分を配合した保湿化粧水です。 このは「ライスパワーNo.11」は、肌細胞を健全化して水分保持能力を改善し、セラミドをはじめとする細胞間脂質を作り出してくれます。

肌に刺激を与えないメイク方法

化粧下地は使わず、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んだ美容液で肌を保湿します。
白浮きが気になる場合は、美容液の上から薄く乳液をつけ、10分ほど馴染ませてからメイクします。

ブラシを使う場合も、肌への刺激を少なくするため
毛は寝かせて使ってください。

化粧のりがよくない場合は、ルースパウダー の方が自然に馴染むことがあります。

効果の高い、私も実践しているプログラムはこちらです。
乾燥性敏感肌の方はぜひ、ご覧になってみてください。
↓  ↓  ↓

ぷるぷるすっぴん美人プログラム

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.