健康の豆知識 生活

敏感肌(乾燥性敏感肌)対策

更新日:

あなたは敏感肌ですか?

敏感肌とは、肌がヒリヒリしたり赤くなったり、

トラブルを起こしている状態を言います。

敏感肌チェック

肌の状態が不安定に感じることがある(特に季節の変わり目など)

環境の変化、急に寒くなったり、日光に当たると赤く湿疹のようなものができる

肌が乾燥して粉をふいたり皮がむけることがある

汗をかくと、肌がムズ痒くなる

ストレスがかなりたまっていると思う

睡眠不足だと思う

外食が多い

いつも疲れが残っている感じがする。

メイクをすると、肌が弱くなったと思うことがある。

メイクをすると、
肌が赤くなったり、
腫れたりすして、
気になったことがある。

メイクをすると、ピリピリとした刺激や痒みを感じたことがある

以上の項目に5つ以上当てはまるなら敏感肌の可能性が高いです

「乾燥性敏感肌」にならないためには

肌が受ける外部からの刺激!!

気温の変化
乾燥
ダニ
ハウスダスト
雑菌

などに注意する必要があります。

それでも

肌が健康な状態を維持できない

乾燥性敏感肌」になってしまった時には、

肌を本来の正常な状態に戻すよう

「セラミド」の働きをケアすることが大切となります。

また、敏感肌対策として「保湿」が有効になります。

部屋の湿度の調整や、食生活でも栄養を気にする必要があります。

敏感肌になる原因は

セラミドの不足
排泄機能の低下
皮脂や汗腺から出る水分不足

です。!!

※セラミドや皮脂は加齢とともに減少していきます、 誰もが敏感肌になる可能性があります。 敏感肌対策として「セラミド」の働きをケアすることが大切となります。

「セラミド」とは?

昔々のお話です。 人間の体の70%は水分と言われていますが 約2億2千年前、 人間の先祖が、海から陸に上がる進化をとげた頃、 地上で生きていくために、 体を乾燥から守るための成分としてで肌(角層)の中に生まれた成分が、「セラミド」です。

※「セラミド」は肌の角質層にあり、外部刺激から肌を守るバリア機能と、角質層の水分を保持する役目をしています。

人間の肌には、もともと・水分・油分のバランスを整える機能が備わっています。  

・正常な肌、

角質層の厚さ 0.02~0.03㎜、 水分量 15~20%

加齢や生活習慣等により「セラミド」が不足すると 敏感肌(乾燥性敏感肌)になります。

効果の高い、私も実践しているプログラムはこちらです。 乾燥性敏感肌の方はぜひ、ご覧になってみてください ↓  ↓  ↓
ぷるぷるすっぴん美人プログラム

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 生活
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.