健康の豆知識 生活

介護保険制度の概要

更新日:

介護保険制度には幾つかの種類があり、申請手順なども把握しておく必要がありますから、概要を押さえておくことは大切な事柄です。

介護保険制度の概要は、まず原則として、
1と2の要支援、
5段階ある要介護の認定を、市町村から受けるというものです。

次に把握すべき概要は、在宅サービスと入所施設、施設に入るということですね、この二つについてです。

要介護者が在宅サービスを受ける場合には、居宅介護支援事業所と呼ばれる施設に所属している、現職のケアマネージャーという専門家によってケアプランが作られ、そのプラン通りに介護を受けることになります。

sapu_ph_011要支援者の場合は少し違っていて、地域包括支援センターと呼ばれるところに所属している、現職のケアマネージャーが作るケアプランに沿った介護支援を受けます。

特別養護老人ホーム介護療養型の医療機関に入所出来るのは、要介護の認定を受けた人に限ります。
一般的には、要介護の段階が3もしくはそれ以上の場合に受け入れられることが多く、1か2の段階では受け入れられない場合があるので注意が必要です。

要介護者の場合には、自分がどの段階なのかをしっかりと把握しておかなければいけません。

以上が、介護保険制度の主な概要です。
自分が介護が必要になる場合に備えて、概要と制度をしっかりと把握しておきましょう。

介護保険制度サービス 要介護・要支援 判定

介護保険制度は、正規の手続きをきちんと進めて、介護認定がなされてから初めて介護サービスを受け始められます。

介護認定を受けるための手続きは、申請から始まって専門家の調査へと進んでいき、審査に通されます。
審査の時には二度の判定があり、それぞれ一次判定と二次判定と呼ばれていて、厳正な判定がなされます。
この段階で、要介護・要支援のそれぞれの段階に分けられて、受けられるサービス内容が変わってきます。
スポンサードリンク

申請してから認定調査が入り、調査結果を元にして、まずはコンピューターによる一次判定が行われます。
この段階で、かかりつけの医師の意見書といった資料が必要ですから、きちんと提出しましょう。

一次判定が終われば、次は各々の市町村にある認定審査会による二次判定が行われます。
この段階で、要介護・要支援のどの段階に該当するかが決定しますから、事前に提出する書類、特にかかりつけの医師の意見書に不備がないように注意しておきましょう。
不備があったり記入漏れがあると、正しく判定結果が出されずに、本来受けられるはずの介護保険サービスが受けられないといった事態を招きます。
[illust_bubble subhead="一次判定と二次判定" align="left" color="red" badge="check" illst="check-w1-l"]一次判定と二次判定が無事に終了し、認定されれば市町村から被保険者に大して、認定しましたよ、という認定通知が届きます。

以上が、要介護・要支援の判定についてです。[/illust_bubble]

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 生活
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.