健康の豆知識 生活

介護保険制度サービスの種類

更新日:

介護保険制度で受けられる介護サービスの種類は、要介護・要支援のそれぞれの段階において受けられるサービスが異なり、種類を細かく上げていくと何十種類にも及びます。
ここでは、施設入所サービスというかたちの介護サービスについて触れます。

sapu_ph_015

在宅介護サービスの種類で、代表的でよく知られているものは、ホームヘルプサービス、いわゆる訪問介護です。

要介護の人の自宅に、ケアマネージャーやホームヘルパー、介護士が直接訪問して、身体介護や家事などの身の回りの世話といった介護をします。

身体介護と身の回りの世話、家事援助中心型と呼ばれるサービスですが、この両方をこなすサービスのかたちを、折衷型と呼びます。

在宅介護サービスの種類の中で、その他にもメジャーなところを上げると、訪問入浴介護があります。
要介護の被介護者の中には、一人で入浴が困難な人もいらっしゃるので、入浴の援助はとても重要であり助かるサービスです。

現在は技術革新が進んでいて、巡回入浴車と呼ばれる車のおかげで、自宅で入浴を助けてくれるサービスも充実しています。

町でよく目にする機会が多い介護サービスの種類は、デイケアサービスがあります。

送迎車で迎えに来てくれて、1日の介護サービスが終わればまた自宅に戻れることから、在宅介護サービスに分類されています。

その他にも、在宅リハビリテーションなど、在宅で出来る介護サービスの種類は幾つもあります。
スポンサードリンク



介護サービスの種類は、細分化していくと何十種類にも及びます。

わかりやすく大きく二つに分けると、在宅介護サービス施設入所サービスに分られます。
ここでは、施設入所サービスというかたちの介護サービスについて触れます。

施設入所サービスの代表的なかたちは、特別養護老人ホームがあります。

老人ホームという名前が付いている通り、入居者は高齢者がほとんどであり、指定介護老人福祉施設とも呼ばれています。

基本的に、入所するかたちが多く見られますが、施設によってはデイケアサービスや30日程のショートステイサービスも展開しているところがあります。

また、地域住民との触れ合いの場として、夏祭りなどを開催している施設もあり、学生ボランティア地域ボランティアを募っている場合があります。

福祉施設という名前の通り、ドクターは常駐していないという特徴があります。

要介護者と認定されている人の中には、医療が日常的に受けられる環境にいないといけない人もいます。

そのような場合には、指定介護療養医療施設でのサービスを受けることになります。
医療施設ですから、医療と介護はもちろんのこと、リハビリテーションといった身体の機能改善訓練も受けることが出来るという特徴があります。

その他には、介護老人保健施設も、施設入所サービスに分類される介護サービスの種類です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識, 生活
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.