健康の豆知識

パニック障害の症状 | パニック障害に悩む芸能人

更新日:

パニック障害の直接的な原因はまだ正確には解明されていませんが、自律神経が緊張状態になってしまい、動悸や過呼吸、発汗といった症状が出てしまうと言われています。

こうした「パニック発作」は10分から30分程度でおさまることがほとんどですが、一度強いパニック発作を経験してしまうと、「またあの発作が起こってしまうのではないか」という不安から、新たなパニック発作を引き起こしてしまう悪循環に陥ることも多いようです。

発作が続いたからといってすぐに生命に関わるような病気でなく、きちんと治療していくことができる病気です。

症状の現れ方によって効果的な対処法が異なるので、もしもパニック障害の疑いがあれば、早めに専門機関で診察してもらった方が良いでしょう。
パニック障害からうつ病不整脈など思わぬ病気を併発することもあるので、診療を受けるなら早ければ早いほど良いと言えます。

パニック障害 症状

パニック障害による発作の症状はひとそれぞれ異なりますが、多くの人が不安や恐怖感を強く感じてしまうのが特徴です。

特定の条件下でなくても
激しい動悸
発汗
めまい
吐き気
頭痛
などに見舞われることもありますが、電車やバスなどの交通機関、個室トイレなどの狭い空間、人混みの多い場所などで不安を感じたり、乗り物の中など狭く逃げられない場所でパニック発作が起こったら死んでしまうのではないかという恐怖を感じるなど、逃げ場のないと感じる場所、人の多いところで発作の症状が出るというパターンは多いようです。

人が多い場所や逃げ場のない乗り物などとは逆に、一人で家にいて留守番をしている時、職場や学校など普段人がいるところで一人になってしまった時など、一人になることで不安と恐怖を感じてしまい、パニック発作が現れるということもあるようです。

症状の現れ方や体に現れる症状は異なりますが、パニック障害に悩む人々の多くが「このまま死んでしまうのではないか」という死の恐怖を強く感じていると言われています。

病院などでさまざまな検査を受けても異常が見られない、強い不安と共に発作が起こり1時間以内におさまることが多いという場合は、パニック障害である可能性が高いかもしれません。

パニック障害と 芸能人

パニック障害は日本では100人に2~3人が罹患すると言われている「よくある病気」で、決して珍しいものではありません。

過度のストレスや不規則な生活・食習慣が重なることでも発症しやすいため、タレントや俳優、スポーツ選手などの有名人・芸能人がパニック障害になってしまうことも多く、近年では同じ症状に悩まされている人を励ましたいという意味から、自らパニック障害である、闘病経験があると告白する有名人も増えました。

例えばスポーツコメンテーターである長嶋一茂さんは、偉大な野球選手である父・茂雄さんの息子であるというプレッシャーから、野球選手時代にパニック障害を患い闘病を続け、プロ野球を引退したことで大きなプレッシャーから解放され、病状も回復に向かいました。

KinKi Kidsとして活躍する堂本剛さんは、CDデビュー当時から芸能活動のストレスでパニック障害になり、体調不良からコンサート中に倒れてしまったことがありました。

それがきっかけでパニック障害と戦っていることを告白し、現在はドラマや歌などで活躍を見せてくれています。

最近ではナインティナイン岡村隆史さんがパニック障害で長期休業をし、復活してからは休業前と変わらぬ活躍をしていることは記憶に新しいと思います。

パニック障害は乗り越えられない障害ではなく、症状にあった対処をしていくことで治療できる病気です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.