健康の豆知識

薄毛(AGA)の改善1

投稿日:

最近CMなどで「薄毛」AGAを見かけることが多くなっていると思います。

また、医療機関に行った時にも、AGAのポスターが貼ってあるのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

今までは薄毛というと遺伝子レベルの問題であって、植毛や育毛、発毛によって対処するしか方法がありませんでした。

つまり、病気としての認識はなかったということです。

しかし、最近ではAGAという男性型脱毛症という病気として認識されるようになりました。

よって、病院などの医療機関でもAGAの治療を行うことができるようになったのです。

現代の日本では1260万人の男性がAGAで悩んでいると言われています。

成人男性が4200万人程度ですので、約3人に1人がAGAで悩んでいるということなのです。

もちろん、遺伝ということもありますし、諦めている方もいます。

薄毛でもお洒落はできると割り切っている人もいます。

しかし、真剣に悩んでいる人も多くいることも事実です。

薄毛は病気、ということになったおかげで、薄毛の治療を行いやすくなった反面、どの病院で診療してもらうのが良いのか分かりにくい面もあります。

また、自由診療になるケースもありますので、費用の負担額も気になりますよね。

薄毛(AGA)の改善 男性型脱毛症

薄毛の症状は男性型脱毛症に関しては2通りあります。

頭頂部から薄くなるケースと、生え際から薄くなるケースです。

細かく分類すると何型というものがあり、各々で治療方針が異なってきますが、どちらが先かというだけであって、最終的には頭頂部と生え際が繋がってしまう、ということになります。

またAGAの薄毛は、進行性のものであるため、放っておくとどんどん悪化します。

治療をしないことには改善することはないということです。

治療に関しても出来るだけ早期で行うことで、時間の短縮にもなりますし、費用も少なくてすみます。

薄毛の症状は個人差がありますので、何歳からというものはありません。

20代から薄毛の危険性はあるのです。

薄毛はAGAという病気であるため、その病気にかからない人も当然います。

よって、自分自身で症状のセルフチェックを常日頃から行うことが大切です。

自分自身でセルフチェックを行うことも大切ですが、症状が分かりにくい、自分では大丈夫と思っていることがあります。

できれば、配偶者などに確認してもらい、客観的な意見をもらうことも大切です。

そして、髪の状態が心配になった時には、AGAを行っている医療機関でチェックしてもらうことをお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-健康の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.