夏休み

夏を快適に乗り切る豆知識 手作りエコクーラーを作ろう!

更新日:

ジメジメした梅雨に暑い夏。寝苦しい日が続くと身体は確実に弱っていきます。

men019
エアコンのスイッチを入れれば問題は解決するかもしれません。
しかし、電気代が心配だったり、エアコンが苦手という方もいらっしゃるでしょう。
最近では北海道等北国でも夏場はかなり暑くなりますが、集合住宅に住んでいる場合、エアコンを自由に設置出来ない方もいると思います。そんな時に役立つのが、手作りエアコンです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

【手作りエアコンに必要なもの】

エアコンと聞くと、専門的な電気や冷媒の知識が必要な様に感じる方もいるかもしれません。
しかし、知識も技術も特に必要ではありません。
用意するものは、基本的にハッポースチロールの大きめに箱、
小型の扇風機もしくはサーキュレーター、
カッター、
ダクト、これだけです。
全てホームセンターで簡単に揃える事が出来ます。
あとは前以て、保冷剤やペットボトルに水を入れたものを冷凍庫で凍らせておきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

【手作りエアコンの作り方と使用方法】

ハッポースチロールの箱に大きな穴と小さな穴をカッターで2つ開けます。
大きな穴の大きさは、サーキュレーターもしくは扇風機の羽根の大きさより少し大きいくらいが良いです。
小さな穴はダクトの大きさに合わせます。
たったこれだけで完成です。続いて使用方法です。
ハッポースチロールの箱に凍らせたペットボトルもしくは保冷剤を入れ蓋を閉めます。
大きな穴の上に扇風機かサーキュレーターを乗せます。
小さな穴にはダクトをセットします。
そして電源を入れてハッポースチロールの中に空気を送りこみます。
すると、凍ったペットボトルや保冷剤に冷やされた空気がダクトから出てくる、という仕組みです。
実際に作って使ってみた私の個人的な感想ですが、大きな部屋の温度を下げる事は難しいです。
でも、四畳半くらいの小部屋なら多少は効果を感じることが出来ると思います。
何より驚かされるのが、ハッポースチロールの箱の中に大量の水が溜まる事です。
これは、それだけ部屋の湿度が下がった事を意味します。
湿度が下がるだけで、かなり快適に過ごせる事は言うまでもありません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

まとめ

費用も電気代もほとんどかからない手作りエコクーラー。
唯一の欠点が、ハッポースチロールの箱の中にあるとはいえ、凍らせたペットボトルや保冷剤が比較的すぐに溶けてしまう事です。
手作りクーラーを稼動させている間に、第二陣のペットボトルと保冷剤をしっかりと冷凍庫でスタンバイさせておく事をお勧めします。
また、コンビニなどで売っている板氷は溶けにくくかなり長持ちします。
是非手作りクーラーでジメジメした梅雨と暑い夏を快適にエコに乗り切ってください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-夏休み
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.