季節の行事豆知識

勤労感謝の日に行われる新嘗祭

投稿日:

新嘗祭とは

新嘗祭はその名の通り新穀を供えて食す宮中儀式で、「しんじょうさい」や「にいなえ」とも呼ばれています。
「嘗」には、神に供物を供えるという意味があり、また「餐」にも通じることから、神と共に食すという意味もあります。

sozai_10984

古来は11月の2番目の卯の月に行われていましたが、明治維新以降、旧暦から新暦に切り替えられたことにより、現在の日にちに定められました。
11月23日は勤労感謝の日として馴染み深い祝日ですが、元は新嘗祭の祝日であり、現在の名称に変わったのは昭和23年になります。
新嘗祭は古くは民衆の間でも行われていた収穫祭で、現在でも各地の神社で儀式が行われており、有名なものに能登半島のあえのこや関東地方の十日夜などがありますが、宮中儀式としての新嘗祭は、天皇陛下が天照大神とといった天地の神々にその年の新穀などを供えて感謝を表し、自らそれを食すことで神と饗宴するものとなっています。

新嘗祭と勤労感謝の日

「五穀豊穰、天下太平を神祗に祈る」祭日として定められた新嘗祭の日は、戦後の祝祭日の見直しにより、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」勤労感謝の日と定められました。
元が収穫祭であることから、「生産を祝う」部分などが新嘗祭由来と見るむきもあるようです。

新嘗祭と神嘗祭の違い

新嘗祭と勘違いされるのが神嘗祭です。
天照大神が高天原において新嘗を食したという神話が由来となっており、10月に天照大神を祀る伊勢神宮で行われますが、天皇陛下が新穀などを供えるだけで、自ら食す儀式ではありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-季節の行事豆知識

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.