お正月 季節の行事豆知識 投稿記事

左義長 又はどんど焼き、どんどん焼き、さいと焼きについての投稿記事

投稿日:

左義長は毎年1月15日に行われている風習です。

お正月に飾った門松や注連飾り、書き初めなどを焼いて、その火で焼いた餅を食べたりします。
また、焼いた書き初めが炎と共に高く舞い上がると字が上達すると言われています。
地域によってはどんど焼き、どんどん焼き、、さいと焼きなど呼ばれ、歳徳神(その年の福徳を司る神である。

103959

年徳、歳神、正月さまなどとも言う。)を祭り、全国各地で左義長祭りが行われています。
神奈川県大磯町の道祖神の火祭り、富山県下新川郡入善町上野邑町地区で塞の神まつりという左義長は国指定の重要無形民俗文化財にもなっています。

小学校や子供会の行事としても行われること多く、私の小学生時代の楽しい思い出の一つで、大きな炎に見入ったことと、煤のついた餅の味は忘れられません。

近年では少子化の影響もあり、子供会行事や季節の風習が薄れつつあります。
私の住む町でもあまり見られなくなりました。
しかしながら各家庭では庭で小さな焚き火で作り、焼き終わった後の灰を玄関先に盛って厄除け、1年の家内安全を願うなど、小さいですが今もなお引き継がれています。
玄関先に盛られた灰も見ると今年も一年が始まった、頑張ろうと改めて身が引き締まる思いがします。
【yuki・兵庫県・31・女・会社員】

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-お正月, 季節の行事豆知識, 投稿記事

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.