お正月 季節の行事豆知識 投稿記事

年末恒例!わが家の餅つき

投稿日:

わが家では、毎年年末になると餅つきを行います。

毎年欠かさずやっているのですが、日にちはだいだい年末の28日が多いような気がします。

母親や祖母が28日にしていたから、現在でもこの日にすることが多いのですが、28日の餅つきは縁起がよいらしいということを最近知りました。ちゃんとこの日にする意味があったのですね。

8という数字は、古代日本から縁起がよい数字とされてきたようです。
逆に29日は9が縁起が悪い、31日はバタバタになってしまうため、あまり餅つきをするのは好まれないらしいです。(29日は福なので、縁起がよいという地域もあるようです。)

103959
確かに、9は苦しいと聞くし、また大晦日にバタバタとお正月の準備をするのはよくないと祖母から聞いたような気がします。

さて、私の生まれる前は臼と杵を使って餅つきをわが家ではしていたようですが、私の生まれたぐらいから自動餅つき機を使っているようです。
やはり、臼と杵を使って作ったほうがおいしいと母親は言いますが、人数的な問題やスペースの問題もあるので仕方がありません。

前日から水に浸したもち米を水を切って機械に入れ、機械で作った大きな餅をちぎって丸めて、冷凍する作業をして完了です。それほど難しくはありません。
最近では、鏡餅を作る時間がなかなかとれないので、市販の飾る鏡餅で代用しています。

個人的感想ですが、市販の餅より自家製の餅の方がおいしく感じます。やはり添加物が入っていないからでしょうか。
しかし、市販の餅でも高価なものはさすがにおいしいです。

スポンサードリンク

年末のイベント等ではよく見かけますが、家庭で餅つきを行っている家は少なく思います。やはり手間がかかるからでしょうか。
私の知り合いでも行っている家庭はありません。
でも、正月においしい雑煮や焼餅が食べたいので、わが家ではこの餅つきの伝統をこれからも続けていこうかと思います。
D・K 福岡県 36歳 工場勤務

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-お正月, 季節の行事豆知識, 投稿記事
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.