夏休み 季節の行事豆知識

夏の行事、お盆のあれこれ

更新日:

夏になると、あちらこちらでお盆という言葉が聞かれるようになります。
そのお盆についての、あれこれをお話しします。

02

第1章:そもそも、お盆とは。また、その時期はいつなのでしょうか

お盆とは、夏に行われる日本の先祖の霊を祀る行事です。
元々は、中国から伝わった物ですが、
日本に元からあった先祖を祀る行事と一緒になり、
現在のような行事が行われるようになりました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

お盆の盆は仏教用語の盂蘭盆会の省略された言葉です。
時期は、地域によっていくらかの違いがあります。
良く旧盆という言葉を耳にすると思いますが、
これは、新暦の8月15日を言います。
元々は旧暦の7月15日がお盆でしたが、
太陽暦が使われるようになり、
太陽暦の7月15日をお盆とする新盆と二通りで行われるようになりました。
7月15日をお盆とするのは、函館、東京、横浜が主な地域となります。
それ以外は、8月15日のお盆がほとんどです。
しかし、旧盆の地域の中でも、新盆で行う一部の地域も存在します。

第2章:お盆にはどのような行事があるのでしょうか

まず、最初は13日に先祖の霊を迎える迎え盆があります。
家には、盆棚と言われる先祖の霊を迎える棚を作ります。
そこには、いろいろなお供え物を用意します。
その中に、キュウリと茄子で作った馬を供えます。
それぞれに、割り箸を挿して足としたものです。
先祖がやってくるときは、
馬に乗って素早く来られるように
帰るときは牛に乗ってゆっくり帰るようにとの思いが籠もっています。

さて、この日には、玄関で迎え火を焚きます。
主におがらを使います。
この煙に乗って先祖が帰ってくると言われています。
地域によっては、墓地まで迎えに行き、
お寺で提灯に火を貰い、それで道案内をするという所もあります。
14日、15日は先祖が帰って来ていますから、
親戚等々来訪者もあります。
また、菩提寺のお坊さんがお経を上げにやって来ます。
このお経を棚経と言います。
盆棚に向かってあげるので、そう呼ばれています。

また、初盆(亡くなった人の初めてのお盆)の家には、
親戚や知り合い等が訪れて手を合わせて行きます。
その接待もあるので、初盆の家はかなり忙しい思いもします。
また、地域によっては施餓鬼という行事をこの日に行う所もあります。
これは餓鬼道に陥った亡者を救うために行う物で、
新しい塔婆を作り先祖供養を行います。

さて、16日になると先祖が帰って行きます。
その際は、迎え火と同様に玄関で送り火を焚きます。
京都五山で行われる五山の送り火はこの行事の一つです。
送り火の煙に乗って先祖は彼岸へと帰って行くのです。
そして、先祖が帰った日に盆踊りを行う地域も多いようです。

まとめ

地域によって様々なお盆の行事がありますが、
その根底は亡くなった先祖の供養です。
たまには、亡くなった人を偲んで家族や友人とおしゃべりをするのも良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-夏休み, 季節の行事豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.