季節の行事豆知識

京都の夏の夜空を彩る京都五山送り火とは

更新日:

京都の夏の行事と言えば祇園祭りですが、8月になると夏の終わりを告げる行事が行われます。
それが、五山送り火です。少しだけ涼しくなった8月の夜、夜空を焦がす炎の共演を楽しみましょう。

men010

京都五山送り火とは、どのようなものなのでしょうか
五山送り火は8月16日夜に行われる京都の伝統行事です。
この日は、お盆の最後の日です。
つまり、あの世から帰って来たお精霊(しょらい)さんと呼ばれる霊をまたあの世に送り届けるための火なのです。
全国各地で迎え火と送り火を焚く所は多いですが、京都ではそれを街全体で焚いているのです。

五山というように、五カ所で送り火が焚かれます。
まずは左京区の如意ヶ嶽(大文字山と言われます)では、「」の文字が浮かび上がります。
同じ左京区ですが松ヶ崎の西山と東山にはそれぞれ、「」と「」の文字が現れます。
そして、北区西賀茂の船山には「舟形」に火が焚かれます。
同じ北区の大北山では「左大文字」が浮かび上がります。
これは、「大」という文字を左右逆に書いた形です。もう一つは右京区嵯峨鳥居本の曼荼羅山に「鳥居形」の火が焚かれます。これで、五カ所というわけです。

点火時間とビュースポット

点火される日時は8月16日20時00分から始まります。
まずは「大」の文字から始まり、5分後「松ヶ崎妙法」、さらに5分後「舟形」、さらに5分後「左大文字」、そして最後の「鳥居形」には20時20分に点火となり、全ての送り火に点火されます。

これらを見る為にはどこへ行けば良いのでしょうか。
一つの送り火だけを見るのであれば、送り火が焚かれる山の近くに行けば見ることができます。
しかし、五山と言うからには全て見たいと思う人もいることでしょう。
そのような場合は、まずは高い所です。
京都は盆地ですから高い所へ上れば、全てを見ることはできます。
駅前の京都タワーや京都駅ビルの空中径路などはお勧めです。
また、少し足を伸ばして将軍塚に上って見るのも良いかもしれません。
ここで一つデメリットがあります。
一つだけの送り火を見に行く場合は、かなり近くに行けますので、火の爆ぜるパチパチという音や臭いも感じられますが、全てを見ようとした場合には、その臨場感は味わえません。

一カ所で見るにしろ、五カ所全部を見るにしろ、その場所は必ず昼間のうちに確認しておきましょう。
平日でもかなり混雑しますし、送り火が焚かれるときにはかなり照明が消されるますので、スポットを探しているうちに消えてしまったという事にもなりかねません。

もう一つのお勧めが五山を見ることのできる高層ホテルに宿泊しディナーを楽しみながら送り火を見るというものです。
しかし、送り火本来の趣旨からすると食事をしながらというのは、ちょっとという方もいらっしゃるでしょう。
やはり、お精霊さんを送る行事なのですから、少し昼間の暑さが残る中で送りたいものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-季節の行事豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.