季節の行事豆知識

芋掘り遠足帰りのスモックや体操服、頑固な汚れの正体とシミ抜き方法とは?(豆知識)

投稿日:

秋といえば芋掘り。
幼稚園や小学校の秋の行事予定には、必ずといっていいほど入っていますよね。

029


芋掘りをひかえているご家庭のお母さん、今のうちにこの記事に目を通しておいて下さい。

芋掘りの日に子どもたちが持ち帰ってくるのは、サツマイモだけではありません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

芋掘り帰りのスモックや体操服の頑固な汚れ

茶色く汚れたスモックや体操服。
普通に考えたら、畑の土や泥がついたんだろうと思いますよね。
ところが、この汚れ、信じられないほど頑固なんです。
普通に洗濯したのでは全く落ちません。
この汚れの正体は何なのか、そして私がこの汚れとどう戦ったのか。
ご参考になればと思います。

茶色いシミの正体は、サツマイモの汁「ヤラピン」

我が家には幼稚園に通う娘がおります。
親子サツマイモ掘り体験に行ってきた日の午後、スモックを洗濯機に入れようとして「ん!?」
袖口にべったりと茶色いシミが。
出かける時には、洗濯済みのきれいなスモックを着せましたので、
畑での作業中についたものと思われます。

その日のうちに洗ったにも関わらず、
洗濯機から出てきたスモックは汚れたまんま。
どうやらこれはただの泥汚れではないらしい。

調べてみるとこの汚れの正体は、サツマイモの蔓やイモの切り口から出る「ヤラピン」という成分。
最初は白色ですが、空気に触れると茶色く変色し、マツヤニやタールのようにべったりと固まります。

水にもお湯にも溶けない頑固な成分。
これが衣服についたらひとたまりもありません。

シミ抜きには塩素系漂白剤が効果的

ベンジンやアルコールなどを染みこませた布で拭けば落ちる、
とインターネットの情報にありました。
でも我が家にはそれらがありません。

このシミのためだけに購入するのもなんだか癪。
そこで、手元にあった除光液に浸してみました。
一度普通に洗濯してしまったスモック、実験用にわざと汚れをつけて数時間たったTシャツ。
残念ながら、いずれも全く効果なし。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

今度は別な情報に基づき、塩素系漂白剤のスプレータイプを使用。
シミ部分が濡れるくらい、十分にスプレー。
スモックのほうは、1日経過してしまったこともあり、
シミの境界線が少し薄らいだ程度でした。
実験用のTシャツは、漂白剤の泡の中に、すぐに茶色い成分が浮き上がってくるのがわかりました。

よく水ですすぐと、すっかりシミが気にならなくなっています。
塩素系漂白剤だと、衣服そのものの色まで落ちてしまうのでは、と心配になりますよね。

私もそうでしたが、今回使った、娘の水色のスモックと実験用の黄色いTシャツは、色落ちすることはありませんでした。

ポイントをまとめます。

サツマイモのシミ取りには、
「できるだけ迅速に」
「通常の洗濯の前に」
「塩素系漂白剤をスプレー」
するのが良いでしょう。

衣服にとっては厄介なヤラピンですが、この汁がたくさん出るということは、
芋が新鮮である証拠。便秘の解消にも効果的なんです。
お子さんが帰ってきたら、まずは汚れの処置。
その後でサツマイモをおいしく調理してあげて下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-季節の行事豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.