季節の行事豆知識

今度は自分の子供の番 遠足をいい思い出にしてあげるために大事な事

更新日:

秋と言えば遠足。
自分が小さかった時にも経験してきた事を今度は自分の子供が体験していきます。
その時に親として子供が遠足を楽しく過ごせるためにはどのような事に気を付ければいいでしょうか。
またどのようなものを準備すれば便利なのか知りましょう。

022

スポンサーリンク

スポンサードリンク

軽く遠足気分でお弁当を食べさせる

 遠足の楽しみは遊べる事はもちろんですが、皆と一緒に食べるお弁当も子供はワクワクしているのです。

そしてこのお弁当ですが、できれば遠足本番前に似たシチュエーションで軽く食べる練習をしておくといいでしょう。

しかし、毎日お弁当を食べているのだから、特に練習などさせなくてもいいでしょう?という親もいます。

 しかし、毎日給食の時間に机の上で食べるお弁当と遠足でシートを敷いて食べるお弁当は違います。

大人には大した問題ではないように思えますが、子供にとってはそんな変化も一大事なのです。

 そのため、遠足本番の前に軽く遠足気分でお弁当を食べる練習をさせてみます。

それは家の中にシートを敷いてその上でお弁当を食べさせてもいいでしょう。

あるいは、庭があるならそこにシートを敷きその上で食べる練習をしてもかまいません。
 それから、教えてあげたいのはお弁箱を開ける時です。

園児がよくする失敗にお弁当の中身をぶちまけてしまう事があります。

これはシートの上にお弁当箱を置かずに、両手で持ち勢いよく蓋を開けようとするたに起こるのです。

 実際の遠足で中身が全部落ちてしまっては子供の気持ちも沈んでしまいます。

これでは楽しくない遠足になります。蓋を開ける時にはシートの上に弁当箱を置いてから開けるように教えてあげましょう。

あると便利な物

 あると便利なものはビニール袋です。

これはいろいろな事に使えます。

ごみを入れる事もできますし、濡れたものを入れたり、遠足先で見つけた物も入れる事もできます。

また具合が悪くなる時にはエチケットの袋しても使う事もできるでしょう。

 他にはウェットティッシュなどもあると便利です。

手の汚れも拭く事もできますし、食べこぼしを取る時にも便利です。

そして絆創膏も持たせましょう。遠足では子供の自由時間があります。

 その時に普段とは違う環境に子供も楽しくなり、動き回ります。

すると思わぬ怪我をする事も考えられます。軽い怪我には絆創膏が役立ちます。

またずっと歩く事がある遠足なら靴擦れが起きる子供もいます。

 足が痛い状態では子供も遠足を楽しません。靴擦れにも絆創膏はクッションになりますので役に立つのです。

まとめ

 子供が遠足で楽しくなるようにするにはある程度親の責任もあります。
子供の事を考えて軽く遠足気分でお弁当を食べる練習をしたり、遠足当日に役に立つアイテムも持っていかせるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-季節の行事豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.