季節の行事豆知識

高校や大学の文化祭は自分や身内の母校でなくても楽しめる

投稿日:

秋は文化祭の季節です。全国に大学は780校ほどあり、高校にいたっては4500校ほどあるといわれています。それだけの数の文化祭が行われていることになります。文化祭は自分と関係した学校でなくても出入りが自由に出来ます。文化祭は、普段足を向けることのない世界を覗いてみる、絶好の機会です。
023

1章:普段入れない学校の文化祭ほど面白い

今では多くの学校が入校に規制を設けています。
大学ですら例外ではなく、キャンパス内にフリーパスで入れる大学は少なくなりました。
高校は昔から誰でも入れる雰囲気はありませんから、
文化祭は大学、高校を問わず、自由に入校が出来る、数少ない機会といえるかもしれません。

例えば、女子高、女子大は普段、男子がフリーパスで入ることの絶対出来ない世界です。
そうした普段は入りたくても入れない学校の文化祭は、校舎内に入るだけでも刺激に満ちているといえます。
まして構内は千客万来状態で、催し物に満ちているわけですから、これほど面白い体験もありません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

逆に女性であれば、普段あまり行く機会のない、
男子が多い理工系や体育系の大学なんかも、十分刺激があって面白いと思います。
ミッション校の人なら、仏教系に行ってみるとかも面白いと思います。

2章:自分の興味に合った展示を見つけ出すといっそう面白い

文化祭の催しは基本的に、文化会系のクラブやサークルが主体となって、
日頃の成果を外部の人向けに公開するものです。
ですから、自分の趣味や興味に合う展示を見つけたら、
まずそこに足を運んでみるといいと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

同じ趣味や興味を題材にして、そこにいる生徒や学生と意見交換しやすいのも、
文化祭の醍醐味であり楽しみです。
趣味を通じてその学校の文化祭情報を生で仕入れて、
それを足がかりに、さらに他の展示を見て回ると、一段と文化祭が楽しめます。

場合によっては、知り合った学生などに学内の案内を頼んでもいいかもしれません。
たいてい部活の出展だと、教室企画とは別に、模擬店や屋台なんかもやっていますから、
そちらも回ってあげると喜ばれます。

まとめに

自分や身内の母校でなくても、大学や高校の文化祭は誰でも入場できます。
母校でなくても十分楽しめますし、行けば若い人たちからエネルギーや刺激がもらえます。
そして、生徒や学生に出来るだけ気軽に声をかけて、仲良くなると一段と文化祭は楽しめます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-季節の行事豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.