季節の行事豆知識

「年越しそば」の由来といつ食べるのが正しいのか?

更新日:

「年越しそば」の意味と由来

そもそもなぜ大晦日に年越しそばを食べるようになったのでしょうか?

そんな、年越しそばの由来は様々な説あります。

年越しそばがはじまったのは、
「鎌倉時代」博多の承天寺で年を越せない貧しい人に、
そば餅を振る舞ったところ翌年から運が向いてきたからと言われています。

 

江戸時代には、
商家で、毎月の晦日(月末)は集金や棚卸しでいそがしかったので、
そばの出前をとって使用人の労をねぎらう習慣があったこととあわさって
一年の終わり(大晦日)に年越しそばを食べるようになったようです。

また毎月の晦日(月末)の集金が忙しく
夕食を取っている時間を惜しんで、屋台のそばを食べる習慣があったそうです。(立ち食いそばの起源と言われています)

何故そばなのかと言うのは
・そばは、細く長いので長寿を願って
・江戸時代中期「江戸」では江戸患い(脚気)が流行し、「そばを食べている人は脚気にならない」という巷説が広まった
・金銀細工師が金粉銀粉を集める為にそば粉の団子を使用したことから金を集める縁起物であるとする説

以上の説がくっついて大晦日に年越しそばを食べるという、習慣ができたようです。
全国的に定着したのは江戸時代末期から明治時代と言われています。

「年越しそば」は いつ食べるのが正しい?夕食・深夜

大晦日に年越しそばを食べる人は88%と言われているほど
年越しそばは定着しています。

時間については特に決まりが無いので
お好きな時間でいいと思います。

年越しそばは大晦日のいつ食べる人が多いのか?

というのは、大きく分けて

夕食として食べる派

除夜の鐘を聞きながら年越ししながら夜食として食べる派
の2つに分かれています。

「年越しそば」温かいか冷たいか?

「もりそば(ざるそば)」で食べるのが正式な年越しそばと言われています。
しかし、寒い季節なので温かいそばを食べる人が圧倒的に多く87%です。

「年越しそば」は縁起をかついで食べるものなので温冷、お好きな方でいいと思います。

しかし、この11月から12月は新そばが最も美味しい時期ですので
そば本来の美味しさを味わえる「もりそば(ざるそば)」もおススメです。

「年越しそば」の縁起のよいトッピングを色々と紹介します。

年越しそばには何をトッピングするのがいいのでしょうか?
これに関しても明確な決まりはなく、
各家庭でお好みの具材を乗せて食べる形で問題ありません。

縁起のよい年越しそばの具を紹介します。

【ニシン】ニシンそばとして

語呂あわせの「二親(にしん)」から子孫繁栄を願う縁起担ぎに使われるニシン。
京都の年越し蕎麦では「ニシン」が定番です。

【海老】かき揚げ、海老天ぷらなど

海老は腰が曲がり、ひげが長いことから「長寿のシンボル」とされ縁起のいい食材です。

【卵】卵焼き・伊達巻き・月見等

黄身の黄色は金色に通じることから、お金に困らない縁起物として繁栄・繁盛の願いがこめられています。

【油揚げ】きつねそば

お稲荷さんは商売繁昌の神様。それに「あやかって」金運・仕事運の運気上昇を願います。

【ネギ】刻んで薬味

1年の労苦を「ねぎ」らう。「ねぎ」は健康にもいいです。

まとめ

我が家の年越しそば

毎年、大晦日の夕食時に温かいそばを食べます。
トッピングはえびのてんぷら
衣がさくさく感が好きなのがすきなので
別皿に、海老天をのせて塩でます。

お取り寄せもおススメです。
楽天の年越しそば お取り寄せ ランキング

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-季節の行事豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.