夏休み 工場見学

パン工場の見学について!あの不格好なパンはなに?!

更新日:

みなさんは、パン工場などの工場見学にいったことはありますか?わたしは、昨年、息子の学校の父母の研修会でパン工場の見学にいきました。ベントコンベアーの上に、できたての無数のパンが流れていきます。
そのなかで、一際目立つパンがありました。そのパンの正体は?

【パン工場見学】

パン工場の見学は、いつでも好きなときにできるわけではありません。
事前予約をして、その時間帯も決まっていますよね。
ここでは、その貴重な時間に体験したお話、また、知らなかった話、面白かった話などを、お話ししたいと思います。

08
まず、お母さんたちで、係員に連れられ、説明を聞きながら、廊下を進んでいきます。
すると、大きなガラスばりになっている、部屋が見えてきます。これが、工場です。
普段見ることのできない工場内を上から見ることができるのです!
大抵の、工場見学は、見やすいように上から見ることができますね。

さらに、進むとベルトコンベアーの上をたくさんのパンが流れていきます。そのなかには、店頭で見たことのあるパンもたくさんありました。
そうしているうちに、パンとパンの間に、一際目立つ不格好なパンが、ポツンと一つ現れました。

みんなで、「あれ、失敗したんじゃない?失敗パンだね。」などと、言っていると、係員さんが教えてくれました。この内容にわたしは、驚きました!

なぜなら、その不格好なパンは、パンの種類がかわるよというサインのパンだったのです!
つまり、メロンパンからロールパンに変わるとしたら、そのパンとパンの間に、不格好なパンを流す。
そうすると、あ、次にちがう種類のパンが流れてくるなとわかるというわけです。一同、うなずき、感心!の一言でした。

【パン工場を楽しむためには?!】

他の工場もそうですが、パン工場やその他工場見学を楽しむためには、その流れているパンを上からゆっくりと見て、お店で見たことあるパンだな?

とかあのパンはなにパンかなー?とか、考えながら、歩くととても楽しいですね。
また、工場見学のメリットとして、最後にだいたいの工場では、お土産をくれますよね。
この時のパン工場では、帰りにメロンパンをもらいましたよ。

ちょっとしたものでも、なんだかうれしいものですよね。このように、

工場見学というのは、普段いけないところだけに、ゆっくりと余裕をもって歩いてみましょう。

きっと、楽しめることでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-夏休み, 工場見学
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.