暑中見舞い

残暑見舞いの時期と文例

更新日:

暑い時期の挨拶には暑中見舞いと残暑見舞いがあります。その時期の違いと、残暑見舞いの文例を記します。

men010

残暑見舞いの時期はいつでしょうか

暑中とは夏の土用から立秋までを言います。一年で一番暑い時期となります。一方、残暑とは立秋(8月7~8日頃)以降、およそ8月いっぱいを言います。この時期に送る挨拶状が暑中見舞いと残暑見舞いになります。暑中見舞いは1年の最も暑い時期に出す挨拶状で、暑さのピークを見舞う物です。残暑見舞いは、立秋を過ぎ、暦の上では秋ですが、実際は暑さが続いている時期に出す挨拶状です。最近では、9月になっても残暑が続くことも多いものです。この場合は、9月になってからの残暑見舞いも受け入れられるようになりました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

残暑見舞いの文例

残暑見舞いは暦の上では秋ですが、暑さが続いているときに出すものですから、言葉の上でも、「立秋とは名ばかりの暑さ」であるとか、「暦の上で秋とは言え、厳しい暑さが続いておりますが」などという、まだまだ暑いというニュアンスを感じて貰えるような文言を入れます。
では、実際の残暑見舞いの文例をいくつか紹介します。
 

残暑お見舞い申し上げます。
 立秋とは言え、毎日暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。名ばかりではない秋が待ち遠しいこの頃、私どもは涼を求め、裏磐梯高原へ出掛ける予定
 です。高原の涼風に都会の暑さを忘れてきたいと思っております。来年はぜひご一緒しましょう。
 残暑厳しき折、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

これは、一般的な文例ですが、自分の近況なども書く事が良いでしょう。
また、旅ではなく、会社帰りの屋上ビアガーデンでの冷たいビールに癒やされている等という文言も適しています。
また、自分が住んでいるところが相手の方の住んでいるところよりも涼しい場合は少し書き方が変わります。
その例を記します。

 残暑お見舞い申し上げます。
 こちらでは朝夕には秋風を感じられるようになりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。そちらは毎日暑いとの放送を耳にし、案じております。
というような書き方になります。少し涼しいところならば、紅葉も速いでしょうから、そのお誘いを書いても良いでしょう。そして、結びには、やはり相手の健康を気遣うため、ご自愛下さいの言葉を入れます。

残暑見舞いは、暑中見舞いよりも暑さに辟易としている頃に送る挨拶状ですので、言葉の端々に思いやりの言葉を含む事が大切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-暑中見舞い
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.