生活

マイナンバーカードと住基カードをわかりやすく教えて?

更新日:

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まります。
更に希望者には平成28年1月から個人番号カード(マイナンバーカード)
が交付されます。

マイナンバーカードは、免許証やパスポートに匹敵する最強の身分証明となりそうです。
マイナンバーについては、様々な使い道が考えられますが、この記事では、身分証明書に関する情報を提供しています。

普段の生活において、身分証明書を提示する必要がある場面は、いくつかあります。
身近なところでは、ツタヤのレンタルカードを作るときや、スマホや携帯の契約時
就職やアルバイトの面接・銀行カードやクレジットカードの作成時など
様々です。

保険証や住民票で間に合う場合もありますが、写真と住所が確認できる身分証明書でなければ受け付けられない場合があります。

パスポートや運転免許証が一般的ですが、どちらも、持っていないという方には
平成28年1月から施行される個人番号カード(マイナンバーカード)が、オススメです。
しかし、まだ、10ヶ月近くあり、その前に必要という方に向けて
現時点で比較的カンタンに作れる写真付き住基カードの作り方と住基カードの問題点をお伝えします。

マイナンバーカード施行の28年1月まで待てない方向け住基カードの作り方

sozai_32696

住基カードは正式には住民基本台帳カードです。

免許証やパスポートが無い方にも、写真付き身分証明書を簡単に取得する事ができます。

住基カードは、お住まいの市区町村で500円で作れます。

必要な物は

写真 上半身、無帽、正面、無背景で6ヶ月以内に撮影した縦45mm×横35mm

ハンコ 三文判で大丈夫です。

手数料 500円程度が一般的(場所や年齢によっては無料になる場合もあります。)

住所の証明になるもの 写真付きのパスポートや免許証が、ある場合は即日発行!

しかし、身分証明書が無いから住基カードを作るのだから、普通はパスポートや免許証は持っていないですよね。

パスポートや免許証が無い場合は、郵便による本人照会を行い

届いた照会書と、健康保険証又は各種年金証書等を持って受け取りに行きます。

住基カードは発行日から10年間有効です。

住基カードとマイナンバーカードの違いは?住基カードの最大の欠点

sozai_27056
顔写真付き住基カードは、身分証明書として利用することができます。

しかし、一部の企業(ソフトバンク、楽天銀行)などでは、身分証明書として、認められません。

それは、なぜなのかというと

住基カードに記載されている内容は

「生年月日」
「住所」
「氏名」
「性別」
「顔写真」
のみですね

免許証なら免許証番号、保険証もパスポートも個別の番号が付いています。

その番号を控えるかコピーをすれば、後日その番号を元に確認のための照会をすることが可能です。

しかし住基カードには番号が無く本人確認ができないということです。
役所に電話確認しても答えてくれません。

もし、住基カードに免許証やパスポートと同じ権限があれば
偽造されても確認ができないため、犯罪に利用される可能性が高いです。
これは、住基カードの最大の欠点ですね。

住基カードの後継マイナンバーカード

住基カードの発行は2017年で終了し代わりに2016年1月からマイナンバーカードが使用できるようになります。

スポンサードリンク

■平成27年10月にマイナンバーが通知されます。

住民票を有する国民の一人一人に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。

この12桁のマイナンバーは一生使うものです。(マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除く)

通知カードは、紙製のカードになる予定です。
券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されたものになります。

顔写真が入っていませんので

顔写真入りカードを希望する人は、市区町村に申請することで、平成28年1月から個人番号カード(マイナンバーカード)が交付されます。

個人番号カード(マイナンバーカード)は、本人確認のための身分証明書として利用できます。

e-Tax(国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請に、使用できます。

図書館利用証や印鑑登録証にも使用できまる予定です。

住基カードとマイナンバーカードのまとめ

マイナンバーカードは、免許証やパスポートを持たない人には、最適な身分証明書になります。

しかし、マイナンバーに、ついては賛否両論ですね。

銀行やクレジットカードを作る際にも、マイナンバーの記載が必要になる可能性が高いです。

そうなると、個人情報がマイナンバーに集まり、個人情報が漏洩したたさいは被害が拡大する可能性がたかいですね。

とはいえ、マイナンバーは、決定しています。

国が決めたもう一つの名前のようなもので、あまり気分の良いものではないですが
ある意味仕方ないですね。

しばらく、様子を見るしかないようです。

平成28年1月まで、待てなくて住基カードを作っても
スマホの契約ができない場合もあります。

その場合は、免許証やパスポートの取得を検討してみることをオススメします。

原付免許ならペーパーテストで午前中に試験を受ければ、当日入手できます。(費用は、1万円で、お釣りがくる位)
しかし、免許をとるなら、勉強は必要です。
3割の人が不合格になると言われています。
ただしオススメするのは、バイクに乗る予定のある方だけですね。
書き換えなど費用もかかりますから。

今回は住基カードとマイナンバーカードについての記事をかきました。
役に立ててもらえると、とても嬉しいです。

追記

10月に配達されるはずのマイナンバーカードが11月になってもまだ1割の世帯にしか
届いていないです。

我が家にもまだです。

1月開始も危ぶまれています・・・・・

賛否両論のマイナンバーですが、

それによって犯罪が減るのなら(特にオレオレ詐欺)いいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-生活
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.