生活 生活保護について

生活保護法改正案の変更点③親族の扶養義務を強化

更新日:

生活保護法改正案には、家族に関する項目として、親族の扶養義務についても強化するという項目が盛り込まれています。

扶養義務の内容については、芸能ニュースで扶養家族や不正受給についての問題として大きく取り上げられたこともあり、広く認知されることとなりました。

親族の扶養義務とは、自分が職を失って失業保険の期限も切れてしまった場合に、扶養家族、つまり養ってくれる家族がいれば、受給者となるであろう自分を家族が養う義務のことです。
家族と同居している場合には、家族が自分を扶養する義務が発生するということで、生活保護を受給することが出来ません。
スポンサードリンク

また、自分の家族、例えば親兄弟が職を失うなどの理由から働けなくなった場合、自分が家族を養う義務がある状態となり、職を失った家族は生活保護を受給することが出来ません。

生活保護法改正案がある前は、申請者の親族に対して、扶養できないかどうかの照合が行われていましたが、家族が高所得者や資産家である場合は別として、強制的に扶養することを義務づけられることはありませんでした。

生活保護の申請があった場合には、申請者の親族に扶養義務者として通知が行くのですが、以前は保護申請に躊躇する理由になるとして、十分に機能しているとは言えないものとされていました。

改正案が決定してからは、この扶養義務を強化するという項目により、扶養家族のあり方が変わると言われています。
広告


3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

【下克上】GEKOKUJO~脱ノウハウコレクター教材~

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-生活, 生活保護について
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.