病気の豆知識

SPFとPAって何?紫外線対策に必要な日焼け止めの知識

更新日:

夏はガンガン紫外線が降り注いでいて、日焼け止めクリームなどを塗っている方が多いはずです。
いつも使っている日焼け止めに書かれているSPFとPAは何のことだか知っていますか?

022
普段使いに適した日焼け止めやレジャーに最適な日焼け止めを選ぶためにも、SPFとPAのことを知っておきましょう。

1.UVBをブロックするSPF

SPFとはSun Protection Factorの略でUVBこと紫外線B波をブロックするパワーを数値化したもののことです。紫外線を浴びると肌が黒くなったり赤くなったりしますが、それがUVBと呼ばれるものです。波長が短いUVBは強烈なパワーがあり日焼けすると肌が黒くなるだけでなく赤くヒリヒリしたり火傷する場合もあります。
皮膚がんの原因にもなるし女性の場合は美容の大敵シミを作ってしまう厄介な存在です。

SPFはUVBで日焼けするのをどのくらい防御できるかを数値化したもので、SPF1だと20分程度で防御できます。つまり、SPF20だと20分の20倍で400分、SPF30だと600分はUVBから肌を守れるという計算になります。

SPFは1から50まであり、数値が大きくなればなるほど日焼け止め効果も高くなります。しかし、肌への負担も大きくなりますから、SPF値が高ければいいというものではありません。

普段使いにはSPF20から30程度が望ましく、海や山などに出かける時にはSPF50を選ぶようにしましょう。SPFはあくまでも目安なので2、3時間おきに日焼け止めを塗り直すのが正しい使い方です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

2、UVAをブロックするPA

PAはProtection grade of UV-Aの略でUVAをどれだけ防御できるかを+の数で示したものです。

UVAは紫外線A波のことで、波長が長くUVBのように肌が赤くなったりすることはありません。しかし、窓ガラスを通り抜けて室内に入り込み、肌の細胞にまで影響を与えてしまいます。しわやたるみの原因になったり老化を進めてしまうなど、美容においてはとても怖い紫外線です。

PAは+の数でレベルを表していて、1個から4個までのレベルがあります。SPFと同様で+の数が多いほど防御力も高くなりますが、肌への負担も大きくなります。日常使いにはPA++くらいが妥当で、夏のレジャーを屋外で楽しむ時なら、最高のPA++++の日焼け止めを使うのが良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

まとめ

いつも何となくSPFとPAで日焼け止めを選んでいたという人も、SPFとPAの意味を知っておけば、目的に合った日焼け止めを選べるようになります。うっかり日焼けしてシミやしわを増やさないためにも、日焼け止めで正しい紫外線対策をしていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-病気の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.