病気の豆知識

ノロウイルス感染・症状・予防対策!(豆知識)

投稿日:

冬に流行するノロウイルスに感染しないように、しっかりとノロウイルス予防・ノロウイルス対策を心がけましょう。

しかし予防といってもどうするべきなのか、なってしまった時の状態や治療について、ご紹介していきます。

girl01-035

ノロウイルスとは?

ノロウイルスとは、二枚貝等をしっかり加熱せずに食べてしまい感染する「食中毒」です。また、その感染者が調理をした物を食べたり、嘔吐物や排泄物からも感染する事もあります。

流行時期としては冬に多ので、これからの時期はしっかり予防していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ノロウイルス感染予防

基本的な事ですが、手洗いをしっかり行い、感染源を消滅させましょう。
特に外出から帰宅後、食事前などはしっかりと行う事が重要となります。
また、学校や幼稚園、高齢者施設等で働いている人や、そこに通っている学生やお年寄りなどは、排泄物や嘔吐物による二次感染が起こる可能性もありますので、マスクを着用して外出する事が望ましいでしょう。

しっかり消毒を心がける

さらなる対策として、次亜塩素酸ナトリウムでの消毒はとても効果的です。
自宅でも台所や冷蔵庫、部屋や浴室に繋がるドアノブや排泄を行うトイレなどは、しっかり除菌し、ノロウイルスにかかる確率を少しでも減らしていきましょう。

もしもノロウイルスに感染してしまったら

しっかり予防に努めていても、感染してしまう事もあります。
症状としては、下痢・嘔吐・発熱・腹痛・頭痛があります。
特に嘔吐の場合は突然気持ち悪くなり、いったん吐いてしまうと連続して吐くこともあります。

ここで気をつけなければならないのは「脱水」です。下痢や嘔吐が続き、水分補給を怠ると、脱水症状になってしまう事もあります。

特にお年寄りなどは命の危険に繋がりますので、つらいと思いますが水分補給を行う事、もしくは病院で点滴などを行ってもらうのがいいでしょう。

ノロウイルス 治し方!治療薬や予防接種はない!?

ノロウイルスにかかり病院に行っても、ほとんどが下痢止めや整腸剤、胃薬や痛み止め等の薬が処方される事が多いようです。
なぜかというと、ノロウイルスをやっつける薬はありません。
体にあるウイルスを体外に出し切る事しかできません。

また、インフルエンザのように予防接種もありません。自分自身の体の中に頼るしかないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はノロウイルスについて紹介させて頂きました。
しっかりと健康管理や環境対策などを行い、元気に冬を過ごしていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-病気の豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.