食に関する豆知識

日本の秋の代表的な味覚サンマについて知りましょう。

投稿日:

私達日本人にとって秋の味覚と言えば何と言ってもサンマです。
このサンマをよりおいしく頂く為にサンマの生態や食べ方栄養価について知っておきましょう。

003

サンマはどんな魚でしょう

サンマは文字では「秋刀魚」とも書かれ古くからの日本の食文化を象徴するとても馴染み深い魚です。

日本で食べられているサンマは北太平洋で育った物ですが、その寿命は1年から2年と言われております。
日本の太平洋側に流れている暖流に乗り孵化した稚魚がその暖流に乗りオホーツク海等で回遊しながら成長します。
成魚になり秋になると産卵の為に寒流に乗り日本の太平洋沿岸海域に南下してきます。

私達の食卓にのるサンマは北海道は根室や釧路から、青森県岩手県等の三陸沖、千葉の銚子沖迄幅広く水揚げされた物で、北からの寒流と南からの暖流のぶつかる海域が最大の漁場となっており、脂の乗りが大変良い物を私達の食卓に届けてくれております。

サンマをよりおいしく食べるには

この秋のサンマをおいしく食べる代表格は何と言っても塩焼きです。
特に秋に日本近海で捕れたサンマは大変脂が乗っており私達一般庶民にとってはまさに「ご馳走」です。
塩焼きにしたサンマは大根おろしと醤油やポン酢で食べるのが最もシンプルでおいしいのですが、スダチやカボス等の絞り汁を掛けてもおいしく頂く事が出来ます。

更にサンマは内臓でエサを消化する時間が大変に短い為、消化されたエサが体内に長く残らないので、焼いたサンマも内臓ごと食べる事を好む人も多くおります。

又、日本各地にはこの秋のサンマを使った様々な調理方法も伝わっており、初秋の頃に捕れるサンマは脂が乗り切る前で他のイワシやアジ等と共に寿司ネタとしての人気も高いです。更に関西地方などでは開きにしたサンマを一夜干しにして焼いて食べたり、サンマを蒲焼にして缶詰め加工にされたり、サンマ寿司同様にお刺身として食べられたりしております。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

まとめ

サンマは他の青魚と同様に栄養価の高い魚でEPAやDHAを大変多く含んでおります。
EPAやDHAは血流を良くしてくれる効果がある事は勿論ですが、体内の悪玉コレステロールを減らす、脳の血流改善、子供の学習能力の向上等に効果があるとされており、是非とも秋の食卓に乗せて欲しい魚です。

近年ではその漁獲量の減少が話題になっておりますが、日本の秋の味覚の代表格としていつまでもおいしいサンマが私達の食卓に乗る事を願っております。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

応援お願いします。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして 応援お願いします。

生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

-食に関する豆知識
-

Copyright© 暮らしに役立つ豆知識!3分で読めます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.