知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

シェアサイクルの特徴と料金!便利な利用方法!!

更新日:

シェアサイクルは最近「駅やコンビニに配置」されている新しいタイプのレンタサイクルです。
シェアサイクルの4つの特徴

・予約無しで自転車を借りられる。

・返却は借りた場所以外のシェアサイクルの設置場所に返すことができる。

・借りるとき・返却するときには人とやり取りする必要がないです。

・料金は交通系カード(Suicaカードなど)が利用できます。

予め会員登録をする必要がありますが

使い方によってはとても便利に使えます

この記事ではシェアサイクルの特徴と料金・便利な利用方法をお伝えしていますので

ぜひ参考にしてみてください。

レンタサイクルとシェアサイクルの違いをもっと詳しく

レンタサイクルとは

利用する場合お店を訪れ返却も同じお店に返す必要があります。

レンタサイクルは借りるお店で必要事項を記入して現金を支払って借ります。

料金は時間制で場所によって料金はまちまちです。

観光地での利用する機会がが多いようです。

私は軽井沢や伊豆大島に旅行に行ったときに利用したことがあります。

快適でしたが料金は高めだったと思います。

シェアサイクルとは?

シェアサイクルとは、自転車を好きなタイミングで好きな時間使う事のできるサービスです。

シェアサイクルでは会員登録が必要です。

ほとんどの場合NETで会員登録が完了します。

料金の支払いはSuicaや交通系のICカードやお財布携帯をつかいます。

シェアサイクルでは、複数のサイクルポート(駐輪場)を利用し返却にも複数あるサイクルポートに返すことができます。

ICカードやスマートフォンだけで借りることができます。

予約なしでも利用できますが予約したほうが確実です。

スマホやPCから予約をしてパスワードを発行してします。

借りるときは登録したICカード・スマートフォンをかざしてパスワードを入力して借ります。

忙しい方などには時間を選ばずに予約ができ便利ですよね。

サイクル利用料金はだいたい30分で100円から150円ですね。

ドコモ.バイクシェアスマートシェアリングとHELLO CYCLING


シェアサイクルを扱う事業所は多数ありますが
大手2社ドコモ.バイクシェアスマートシェアリングとHELLO CYCLINGを
紹介します。

ドコモ.バイクシェアスマートシェアリング

料金
30分→150円
1日は1500円
値段設定がかなり良心的ですよね。
ドコモが都心部で展開しているのに対してHELLO CYCLING は山手線の外側の区域で運営しています。

ドコモバイクシェアスマートシェアリングは
23区内で使え赤い車体がトレードマークです。
以前は各区ことの登録が必要でしたが23区内で相互乗り入れが可能となりました。

借りるために必要なものはスマートフォンやタブレットやPCです。

ドコモバイクシェアスマートシェアリングは携帯電話のメールの受信が可能な携帯電話があれば借りられます。
ガラケーにはありがたいですね。
決済方法もクレジットカードやキャリア決済が可能なので旅行の時などにはなにかとありがたい事ですね。

HELLO CYCLING

料金
15分→60円
1日は1000円
シェアサイクルは
リーズナブルな設定をしています。
HELLO CYCLINGは1つのアカウントで全国のHELLO CYCLING にアクセスができ利用が可能です。

利用者全員がアカウントを持つ必要はなく同時に複数台数の予約が可能です。
つまり、グループで出かける場合代表者を決めその人が全員分の予約をしてもいいと言うことです。

借りるために必要なものはスマートフォンやタブレットやPCです。
HELLO CYCLING は事業所によりオーナーが違う為HELLO CYCLING 同士でも
多少料金がちがいます。
注意してくださいね。

シェアサイクルの便利な利用方法

タクシー代わりに生活圏内で使う

7.5kmを都内で移動する場合にタクシーとシェアサイクルを比較してみましょう。

タクシーの場合

7.5kmをタクシーで移動した場合東京都23区で初乗り料金410円です。

237mごと80円加算されるので大体2500円ほどの料金が必要となりますね。

更に車で移動する場合東京都内は渋滞もあり予定通りの時間に到着しない場合もあります。

シェアサイクルの場合

自転車の平均時速は15kmで計算します。

30分で7.5km移動ができます。シェアサイクルでは100から150円くらいです。

シェアサイクルの特徴と料金!便利な利用方法!!のまとめ

シェアサイクルは使い方によっては、とても便利に使えます。

待ち合わせに間に合わない場合や交通機関の遅延などの場合の非常事態の一つの移動手段としてシェアサイクルの会員登録をしておけばピンチのときに役立つかもしれません。

休日の気候もよく天気がいい日など風景の良い場所でシェアサイクルを借りて

カフェめぐりや雑貨屋さんめぐりなど楽しそうです。

季節などを身近に感じられる機会となり身近なところでも良い思い出になりそうですね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.