知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

お盆の本来の意味ってなんだろう、供養ってなにをすればいいの?

更新日:

お盆と言えば夏休み、やっと仕事がお休みになり一休みできる期間と考え過ごしている方も多いのではないでしょうか。

子どもたちも夏休み期間中なので、この時期は毎年レジャーに出かける方がぐっと増え、帰省ラッシュや渋滞情報などのワードがよく聞かれます。

でも本来お盆は何をする時なのでしょうか。

どういった過ごし方をするとよりよいのかを紹介したいと思います。

1章 そもそもお盆て何をするの?いつなの?

お盆とはご先祖様や亡くなった方が成仏してくれるようにと、子孫や家族であるわたしたちが供養する期間のことを言います。

仏教行事です。

期間ですが、以前は旧暦の7月15日を中心に行われていましたが、現在では8月13日から16日の4日間で行う地域が多いです。

関東地方の一部では、7月13日から16日で行うところもあります。

まず13日の夕方に迎え火をします。

玄関で迎え火を焚くところもあれば、仏壇のろうそくに提灯の火をつけるところもあります。

このようにして、ご先祖様をお迎えするのです。

そして供養し、16日夕方に送り火をします。

こちらは、ご先祖様に無事お帰りいただくために行うもので、地域や宗派によっては灯篭流しなどを行うところもあります。

2章 お供えは何をすればいいの?

お盆期間中はご先祖様を供養する期間となりますが、その期間は何をお供えすればよいのでしょうか。

まず、仏花として蓮の花を飾ります。

ご先祖様は蓮の葉の船に乗って、帰ってきてくださるそうです。

そして砂糖菓子の場合が多いようですが、盆菓子を飾ります。

お供えするものも地域や宗派によって異なりますが、そうめん、団子、丸い果物(季節の果物)を飾るところが多いです。

そうめんは、ご先祖様が帰るときに荷物をくくるために使うと言われていて、幸せが長く続きますようにとの意味もあります。

団子はあの世へのお土産で、丸い果物はスイカがよいと言われていますが、桃やぶどうなど季節の果物をお供えするところもあります。

3章 まとめ

いかがでしたでしょうか。

わたしもお盆と言えば「休み」という印象のほうがずっと強かったですが、こう調べてみるとご先祖様を供養し、感謝する大切な期間なんだなということを感じます。

そろそろ夏休みのプランを考えている方も多いと思いますが、お休みを満喫するのも大切なことですが、ご家族とともにそういう期間なんだなと手を合わせることも忘れずに行っていただけたらいいなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.